男性に「めんどくせえ!」と思われるカラオケの定番って?

どうも、音痴の松本ミゾレです。
みなさんカラオケは好きですか? 僕は音痴のくせして大好きです。
ストレス発散には大声で好きな歌を歌うのが効果抜群。ストレスがたまったと感じたら、なるべくカラオケで発散することにしています。

さて、このカラオケ。
合コンの2次会の舞台としても重宝するものですが、男性って無頓着に見えて、女性の歌っている曲に耳を傾けているものです。
そして男性の中には「うわ、これ歌うのか。無理~!」と感じるNG楽曲も、結構あったりするんです。

男性が聴きたくないと感じる女の子目線のラブソング

たとえば多くの女性にとっては、いい年齢をした男性がアイドルの曲を振り付きで歌っちゃうシチュエーションというのは、ドン引きする光景だと思います。
それからアニメの楽曲ばかり歌う男性も、世間的に見ると引いちゃいますよね。

同じような感触は、男性も抱くものなのです。
その具体例は人によりけりなんですけど、やっぱり一部のラブソングに見られる、一方的な男性への要求がふんだんに押し出された楽曲はウケません。
たとえば若い女の子に人気のアーティスト、西野カナの「トリセツ」という曲。
あれなどは歌詞の内容は、ほとんどの男性が目にして理解に苦しむものになっていますし、ぶっちゃけ「勝手を言うな!」と不快になります。

個人的にはさだまさしの「関白宣言」のアンサーソングっぽいなと感じますが、いかんせん歌詞が男性全体に喧嘩を売っています。
あれをわざわざ男性のいるカラオケで歌う女性というのは、僕は苦手です。
苦手というか嫌いです。

少なくとも僕の周囲の男性陣は「トリセツ」という楽曲を好きという者がいません。
またPVが腹立つんだあれは……。

ちょっと感情的になっちゃいましたが、こういうめんどくさい男性が世間にはいっぱいいますので、主張の激しすぎるラブソングは禁忌と思っていただければ幸いです。

ビジュアル系バンドの楽曲は男性が引いちゃうぞ!

次に、ビジュアル系バンドの曲を入れて、がっつりと歌っちゃう女性についても触れておきたいと思います。
意外とこれが苦手という男性は多いものです。

理由はまずそのバンドを知らないケースが多いということと、歌詞とメロディが鮮烈すぎてちょっと引いてしまうからですね。
1曲2曲ならまだしも、そればっかり歌う女性にぶち当たると、めげそうになるものです。

この「知らない楽曲」の応酬って、結構男性のテンションを下げがち。
これと並んで男性が冷めやすいのが、ニコニコ動画でのみ活躍している、歌い手と呼ばれる人たちの曲です。
ニコニコ動画に興味がない男性にとっては「誰やねん」以外の感想が持てません。
同じく初音ミクなど、ボーカロイド系の楽曲も男性を困惑させがちです。

おわりに

男女混合のカラオケでは、場の空気をうまく盛り上げる曲をセレクトするセンスも重要です。
選んだ曲次第では、微妙なカラオケ大会になってしまうので、くれぐれも趣味嗜好に走り過ぎないようにバランス感覚を保っておきましょう。

自分が大好きで、どうしても歌いたい楽曲がある場合は、何もそういう場で披露せずとも、ヒトカラでやればよいのです。
まあ、男性も結構痛い楽曲をノリノリで歌っちゃうケースは多いんですけどね。

 

photo by PublicDomainPictures


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…