シャイな内気女子でも簡単に出来る!彼氏作りに繋がる必須の会話術3つ

性格がシャイだと出会いを求めていても、なかなか気になる人に話しかけられず困ってしまった経験はありませんか?

なかには自分のコミュ力の無さにすっかり自信を無くしてしまい、出会いを探すことを諦めてしまっている女性もいるかもしれませんね。

でも、例え性格がシャイで内気だとしても、ちょっとした気配りひとつで自分の印象をだいぶ良くすることができるものです。

今回はそんなシャイで内気な性格に悩む女性に向けた、彼氏作りに繋がる会話術についてまとめてみました。

自分の気持ちを表情、声にきちんと表す

出会い始めの自分の印象というのは、相手に強くイメージが残るものです。人は“見た目が9割”というように、相手と初対面であるほど“清潔感のある格好”“挨拶”“笑顔”に注意しなければいけませんよね。

というのもシャイで内気な女性ほど、周りの目から見て無表情、無反応に見られている可能性が高いかもしれません。

性格がシャイで内気だと、初対面の相手とどんなことを話せばいいのか分からない……と感じることがあるのでは?

初めての人との会話に慣れていないと、そう感じてしまうのは無理もありません。でも、ひとつ気に掛けて欲しいのが、“嬉しさや感謝の気持ちをきちんと表情や声に表す”ということです。

話をしていても無表情で無反応が続くようでは、相手がいくらリードする側の男性とはいえ、会話が弾んでいないような気がして困ってしまいますよね。

相手の発言に対して感じた、「嬉しい」「ありがとう」といった感情をきちんと表に出すことで、彼も居心地の良さを感じてあなたに興味を抱くはず。心に思って感じているだけでは相手に伝わらないので、心当たりのある女子はぜひ注意してみてください。

会話中は相槌に気を付ける

相手との会話が盛り上がるかどうかは、リアクション力が大きく左右されます。それこそ上記で挙げたような「嬉しい」「ありがとう」といった感情を積極的に表情、声に出すことも大事ですが、もうひとつ大事なのは“相槌の仕方”です。

相手が一所懸命話してくれているにもかかわらず、「うーん」「はい」といった単調な相槌ばかりでは、相手も盛り上がりにかけると感じてしまい、話すのをやめてしまいそうです。

対して「なるほど」「そうなんですね」「へえ~、知りませんでした!」といった、相槌の仕方に をつけてあげると、彼も話に居心地の良さを感じやすそう。

さらに彼の話を聞きながら、気になったことを頭のなかで整理して「●●って具体的にどういうことなんですか?」と、質問してあげるのもいいでしょう。

彼はあなたが自分に興味を持ってくれていると感じて、会話をきっかけにあなたのことがもっと気になるかもしれません。

相手の目をじっと見つめて話す

相手の目を見て話すということも大事なポイントです。シャイで内気だと、つい「私は口下手だから……」というネガティブ意識が強くなってしまいがちです。

でも、そんな人話すことが苦手な女性でも「相手の目を見る」ということを意識するだけで、なんとなくお互いの考えていることが通じることは多いものです。

よく「目は口ほどに物を言う」といいますよね。例え話すことが苦手でも、相手に対して気になっている眼差しというのは、それとなく相手に通じるもの。

ですので、好きな人だけに限らず、周りに対して優しい眼差しを送ってあげることで、周囲のあなたの印象はだいぶ良くなるはずです。

出来ることから自分を変えていこう

シャイで内気な性格の女子が心掛けたい会話術を挙げてみましたが、いかがでしたか。例え口下手でもこうした意識を心掛けられるかどうかで、あなたの異性に対する評価はガラリと変わるはずです。

「私は口下手だから……」と弱気にならず、まずは自分ができることから行動に移すことで、出会いに繋がっていく可能性はアップしていくでしょう。

 

【参考文献】

『内気な私でよかったと思える本』植西聰著(河出書房新社・刊)

 

Photo by 小智的天空(JR Chang)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…