合コンでライバルより優位に立てる2つの“催眠テクニック”

合コンやパーティで意中の人に出会ったはいいけれど、思うことはみんな同じでライバルがあっちにもこっちにも!
結局あんまり話も出来ないまま終了……なんて経験ありませんか?
何だか割り切れない気分。
あ~あ、こんなことなら素敵な人になんて出会わない方が良かったかも、なんて。
友だちが意中の彼と仲良く帰ったりしたら、更に悔しいですよね。

だからそんなことにならないよう、身につけておきたい2つのテクニックをご紹介しましょう。
催眠術師が用いる手法を取り入れたテクニックです。

①相手の心を開かせる「ミラーイング」

相手の姿勢や動きを、まるで鏡にうつしたようにマネていると相手は警戒心を速やかになくしていきます。これは同調現象といって、催眠術師が被験者と向かい合わせに座り、術師がするのと同じように被験者がマネているうちに警戒心がとれて完全なる催眠を作り出す信頼関係の元になる、という原理を使っています。
術師がゆっくり右手を上げると、被験者も右手を上げる。口に手を持っていくと、それもマネる。というように。
このテクニックを「ミラーイング」といいます。

では、どうやって合コンで実践するかというと……
たとえば意中の彼がテーブルに肘をつき、前屈みになって「楽しんでる?」と聞いてきたら、同じように肘をつき前屈みになって「楽しんでますよ」と答えましょう。
もし彼が、肩が凝っているように自分の肩を触りながら「休みの日は何してるの?」と聞いてきたら、あなたはブラの肩紐を直すようなしぐさをしながら「結構料理なんかしてます」などと答えればいいんです。

こういったミラーイングを繰り返していると、彼の心の中で「この子を前から知っているような気がする」という気持ちが生まれてきます。
意図的なミラーイング(同調現象)は、相手の無意識に”自分と同じだ”と思わせて心を開かせていく効果があるんです。

ただし、注意しないといけないのは、ミラーイングを相手に気づかれないようにすること! 気づかれてしまうと、なんだかバカにしているみたいになっちゃいますので、細心の注意を払ってさり気なくさり気なくマネして下さい。
ミラーイングは、相手の気づかない無意識の部分に同調してこその催眠テクニックなんです。

②気が合うと思わせる「ペーシング」

もう1つご紹介するのも同調テクニックです。
相手の呼吸のペースと同じペースでこちらも呼吸をすることで、相手の心と自分の心を合わせていく「ペーシング」
呼吸を合わせるだけなんですが効果は絶大、催眠の場面でも上手に行えば、それだけで相手は思考の働きを低下させて軽いトランス(催眠)状態に入っていきます。

注意するのは、ミラーイングと同じく、呼吸を合わせていることを相手に決して気づかれないようにすること。
あと1つ気をつけなくてはいけないのは、呼吸にばかり注意がいって心と心を繋げるという目的を忘れ、本末転倒になってしまうことです。

実は心が繋がっているときはペーシングの必要がありません。
相手とテンポよく会話のキャッチボールが出来ているときは、あまり意味がないんです。
具体的にいうと、合コンのとき、放っておいても会話が弾んでいるなら呼吸を合わせる必要などありません。すでにコミュニケーションが取れているんですから。

ペーシングのタイミングは、彼が誰か他の人と話しを始めたときです。
婚前セラピーで有名な、催眠誘導研究所所長の林貞年氏は以下のように述べています。
『呼吸は生命を持続させるための大切なメカニズムです。15分も止まっていたら生きていけませんよね。そんな生命レベルの無意識が同調するのですから、効果が絶大なのは当然というわけです』

彼の肩や胸、または身体の周辺を見て、彼の呼吸のリズムをつかみましょう。そして、そのリズムに合わせてあなたも呼吸をする……それだけです。
すると彼は心のどこかで「あれ?この子とは気が合うみたいだな」と思い始めます。

おわりに

合コンやパーティでは、限られた時間の中で意中の人と心を繋げるという早業をやってのけなくてはなりません。
 「この子のこと前から知ってたみたいな気がする」
 「なんだか彼女とは気が合うな」
きっかけさえ?めれば、出会いをフイにすることはありません。
ライバルがいたって、彼はあなただけを見つめることでしょう。

とっておきのテクニック、ぜひ1度試してみてはいかがですか?

参考文献
「魅惑の催眠恋愛術」 林貞年  現代書林

 

Photo by artberri


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…