初デートでもできる!良い雰囲気を作って彼からキスをさせる方法

初めてのデートで彼からキスをされたい!と願ってみても、最近の男性って積極的な人が少なくてモヤモヤした経験ありませんか?
彼の目を見つめてみても、グロスを塗ってみても、全然効果がない!
それどころか、「油物食べたの?」って、「グロスだよ(悲)」と悲しむ結果に……。

自分からではなく、自然な形で男性側からキスするように仕向けるには、一体どうしたらいいのか?
そこで今回は、キスの雰囲気に持っていって彼からキスをさせる方法を紹介したいと思います。

彼との距離が近くなったら……

皆さんは、親密でない男性と自分との距離が近くなった時に、反射的に体を背けたり、若干避けたりした経験ありませんか?
気になる男性から、なかなかキスをされない女性は、もしかしたら、その反射的な行動をしているかもしれません。

男性は、女性の些細な態度にとても敏感で、その女性の些細な態度で本日の「イケる!イケない!」を判断しているのです。その相手との距離をパーソナルスペースと言いますが、相手との距離が近ければ近いほど、親密ということを表しています。
故に、女性との距離が近くなった時に、相手が少しでも離れる素振りがあれば、「まだ親密でないな」と男性は判断してしまうのです。

デートの時、彼との間柄が親密でなくても距離が近くなった時は、ピクリとも動かないで相手を受け入れる体制を最初から作ってあげること。
男性に「イケる(キスできる)」と思わせておくことがポイントですよ!

二人きりの空間に持っていく

何度もデートを重ねても、なかなか進展しない人は、いつも人が多い所でデートをしていませんか?
積極的ではない男性は、もちろん人前でも積極的にはなれません!ですので、二人きりの空間になれるようにしましょう。

積極的ではない男性が、自分からホテルに行こうなどといきなり言うとは思えませんので、例えば、カラオケ、車の中、人が少ない公園などポピュラーですが、とにかく人に邪魔されることが少ない場所に行くことが肝心ですよ。

見つめ合う前の○○

キスをして欲しくて、見つめたけど効果がなかったという女性は、ただ見つめていただけではないですか?
瞳を見ることは、キスまでの流れにはとても重要なことですが、タイミングも会話の流れも関係なしに見つめているだけでは、「人の話を聞くときに、ちゃんと目を見れる子」としかなりませんよ。お行儀の良い女性としてはバッチリですが、キスまでは遠いかも?

衝動的に男性がキスをしたくさせるには、男性に”キスをする流れ”と思わせることが重要です。それは……
・笑い
・沈黙
・ビックリ
・安堵
など、簡単なものはこんなものでしょう。

この4つの後に、キスは自然と起きる確率が高くなります。
二人で笑い合った後に見つめ合う。沈黙が起きた時に見つめ合っている状態。
ビックリした後じゃれ合いながら見つめ合う。恐怖などから解放された後の安堵の見つめ合い。
こんな○○の後が起こった場合は、キスの流れが高まりますので、自分から○○の後が起こる様に仕向けるのがポイントですよ。

それでもダメな人は

あれもこれも試してみたけど、てんでダメという女性はどうしたらいいのか?

それは、強硬手段しかありません!
「キスして」という言葉が言えない女性の強硬手段は、とにかく距離を縮めるという手段です。男性との距離を縮めて、手の届く範囲にそれとなく侵入することがポイントですよ。

アクセサリーを見るふりをしながら近づいたりしましょう。
近付いても、奥手な男子はなかなか手を出してこないという人は、さらなる強硬手段です!

「疲れちゃった」や「眠くなってきちゃった」と言いながら、彼の肩や胸に寄りかかってみましょう。あくまで強硬手段ですので、それが出来なくて困っている女性には出来ないかもしれませんが、最後の手として覚えていて下さい。
ポイントとしては、ただ寄りかかるだけではダメです。正面を向いたまま肩に寄りかかるのではなく、半身になり彼がキスをしやすい体勢を最初から作っておきましょう。
そして、本当に眠くても、眠くない感じにするのがポイントです!
本当に眠いのかな?と思ってしまったら、「そっとしておこう」と思われてしまいますので、
寄りかかった後、胸にうずくまってはダメです!「落ち着く」などのセリフを言った後、彼の瞳や唇を見つめることがポイントですよ!

おわりに

いかがでしたか?
彼からキスをさせる流れに持っていくポイントは

・パーソナルスペースに入っても受け入れる
・二人きりの空間
・見つめ合う前の4つのアクション
・それでもダメなら強硬手段!

まだまだ、キスの流れには色々ありますが、まずはこの4つを試してみて下さい。
デートでキスをされる確率がかなり高くなると思いますよ!

 

photo by Romain Toornier


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…