男受け◎。愛され「すっぴん美人風」メイクの基本

すっぴん美人なメイクは盛りすぎていない、自然ですっぴんのようなメイク法です。男子受けがよく、メイクをしていないようでしっかりしているところが魅力。モデルさんや女優さんもすっぴんメイクで美人顔に見せているのです。

ポイントをおさらいしましょう

すっぴんメイクのおさらいをしましょう。まずはベースは素肌感を出すこと、さらにベースを重ねないこと、ノーファンデが基本ですが、気になる場合は使ってもOK。

太眉基本、アイシャドウやチークは軽いのが特徴です。いかにもすっぴんという感じですね。ベースメイクが主となりますから、覚えておきましょう。

ノーファンデが基本のベースはどうする?

基本的にすっぴんメイクはノーファンデ。UVカットの下地ですっきり抑えましょう。にきびや吹出物はコンシーラーでキレイに隠しましょう。その後、ハイライトをちょっとだけ入れて、艶っぽさを出すとよりすっぴんに近いメイクになります。

マスカラを使いません

すっぴんメイクはマスカラを使わず、ビューラーだけで済ませます。

ヒートカーラーなどでクセ付けすると上向きまつげがもちますから使ってみましょう。チークは練りチークを使って、指先でぽんぽんと血色よく見えるようにするだけでOK、リップはグロスをつけるよりリップバームでこちらも指先で唇の中心からつけていきましょう。

すっぴんメイクを抑えるといつでもすっぴん美人になることができます。いきなりすっぴんメイクをするのは怖い・・・という人は、徐々にアイテムを抜いていくのがポイントです。

kirecolaの他の記事を読む

この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…