社内恋愛を成功させる2つのコツ

先日女子会で、「最近彼が忙しくてなかなか会えない、寂しいから別れようかな…」との友人のつぶやきに対し、その場にいた女子全員で「こういうときこそ女の底力が試されるよ!」と全力で突っ込みました。

仕事とプライベートを、きっちり分けるタイプの人もいれば、反対に周りへ迷惑をかける人もいます。ここでは、社内恋愛を成功させた女性が実践した2つのコツをご紹介します。

女性 悩み

(c) kei907 – Fotolia.com

■同僚に協力を依頼&その後のフォロー
通販の会社で働く友人は、部署の異なる彼と3年前からおつき合いしています。
セールの時期は毎日の残業も当たり前で、デートの時間を割けず、社内恋愛の難しさに頭を抱えた時期があったそうです。

そこで、二人のランチタイムを意識的に合わせることにしました。昼休みのシフトを、彼の時間帯になるべく合わせられるよう、同僚に相談をし、調整をしてもらったそうです。

同僚には、自分たちがつき合っていることを秘密にしてもらう代わりに、男友だちを紹介しました。これがきっかけで、同僚にもめでたく彼氏ができたのだとか!

■さらっとさりげなくホメる
キャリアウーマンの友人は、同期入社の男性とつき合っていました。しかし入社から2年後、彼女だけが昇進。直後から彼の態度がよそよそしくなり、悩む時期がしばらく続きました。

その時、彼女が実践したのは「彼の仕事をホメる」ことでした。

コーヒーブレイクの合間に、他の同僚や上司の前で、彼をさらっとホメることを続けてみました。これが思ったより効果があり、重要な仕事が彼にまかされることも増えたようです。

それから半年ほどで彼が海外支店へ栄転したため、遠距離恋愛になった二人ですが、海外から戻ったら結婚してほしいと、出発前にプロポーズされたそう。

「秘密にしようと必死にならないのが、周りに知られないコツ」と、彼女は言います。もしも二人の関係がオープンになっても、あわてず自然体で振る舞いましょう。

肩に力を入れすぎず、仕事も恋愛も両方楽しみながら、社内恋愛を頑張ってください! 
 
 
(金丸 標)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…