セックスデートの勝負服が「モテワンピ」よりも「ブラウス」が良い理由

11月22日といえば、「いい夫婦の日」ばかりが注目されていますが、実は「ボタンの日」でもあります。私たち女性にとって、男性にボタンを外されている数秒間は、まさに至福のとき! というわけで、ここでは、ボタンのある洋服でセックスに臨む醍醐味を見つめ直したいと思います。

意外と着ないかも、ボタンのある洋服

あなたは最近、ボタンのある洋服を着ていますか? この時期はどうしても、セーターやチュニックなど、温かさや着心地の良さを優先してしまいますよね。

もしくはワンピース! 上下のコーディネートが不要なぶん、ファッションセンスに自信のない筆者のような非・オシャレウーマンにとっては、重宝する存在です。「モテワンピ」という言葉もあるくらいですから、ワンピースはデート服の鉄板と言って良いでしょう。

ですが、たまには「ボタンのある洋服」を着てみませんか?

ブラウス着用の女性は、男性にとって新鮮な存在!

ボタンのある洋服といったら、筆者のイメージでは、なんといってもブラウスです。あなたは最近、ブラウスを着ていますか(会社の制服以外で)。周囲の知人女性たちに確認したところ、「着るわけないじゃん、だってアイロンがけが面倒だもん!」との返答でした。実は筆者も、全く同じ理由で、ほとんどブラウスを着ていないです。

だからこそ、着る価値があるのです! 大半の女性が、ブラウスを着ていないということは、世の男性たちは、ブラウス姿の女性の見慣れていないということになります。他との差別化を図るチャンスです!

ボタンを外すのはぶっちゃけ面倒!?

私たち女性が、男性のジーパンを脱がせる際、股間部分がチャックではなくボタンフライだと、「外すのに手間がかかる」と思うように、男性にとってもブラウスのボタンは、面倒が伴います。その面倒がポイントだと、筆者は考えます。

「認知的不協和」という思考をご存知でしょうか? 人間は、心の中で「矛盾」を感じると、矛盾の帳尻合わせをしようとします。「面倒なことはしたくない俺がなぜ、こんなにも面倒くさい行動をとっているのだ?」という矛盾に対して、「俺は、このコに魅力を感じているから、面倒をかけているのだ!」と、思考が帳尻合わせしようと働くわけです。ブラウスでセックスに臨むことで、丁寧なセックスが期待できますよ。

確かに、ブラウスのアイロンがけは面倒! その点に関しては、これまた認知的不協和で。「アイロンがけだなんて面倒なことはしたくない私がなぜ、アイロンがけをしているのかしら?」という矛盾に対して、「私は、今夜のセックスに期待をしているから、面倒をかけているのね」と、セックスに対して積極的になれますよ。前向きな気持ちで、ブラウスを着ましょう!

 

Photo by David Photo Studio

菊池美佳子の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

4うーん…