クリスマスのために恋活する気分にはなれない貴女へ……

私たち女性は、男性に比べて恋愛の優先順位が高い性分。だからといって、年がら年中恋愛のことばかり考えているわけではないですよね。例えば仕事が忙しい時期や失恋直後などは、「もう恋なんてしない」とまでいかなくても、「ちょっと休憩させて」という気分になるものです。恋の賢者タイムとでも言うのでしょうか、あんなにも合コンに行きまくり、男性からのメールに一喜一憂していた時期が嘘のよう。

今の時期が、まさに恋愛休憩期の女性は、ちょっとだけフクザツな思いをすることになるかもしれませんね。何故なら、クリスマスが近いから。クリスマスは男性と過ごしたほうが楽しいって絶対にわかっているのに、去年のクリスマスに「来年のクリスマスこそ男性と過ごすぞ!」って誓ったのに、どうにもこうにもエンジンがかからない皆さん!

無理にエンジンをかける必要はありません。「世間がクリスマスモードだろうと何だろうと、私は恋愛休憩期!」と、気持ちを強く持ちましょう。焦って合コンに行く必要もなければ、女友達に紹介をお願いする必要もありません。では、どのように過ごしたら良いのでしょうか?

家族と過ごす

「クリスマスを恋人同士で過ごすという概念は日本人くらいだ」と言われていますよね。欧米では、家族で過ごすのが一般的のようです。だったら家族と過ごすのもアリ!

今年のクリスマスは欧米スタイルで臨みましょう。「欧米かっ」なーんてツッコむ人は誰もいませんからご安心を。母親と一緒に鶏を捌くのも良いものですよ。
クリスマスのために恋活する気分にはなれない貴女へ……

教会に行く

筆者の知人に、「毎年クリスマスは必ず教会に行く」という女性がいます。彼女は決してクリスチャンではないのですが、クリスマスの教会はとっても厳かで、神聖な気持ちになれるとのこと。

一人で来ている人もいっぱいいるようですし、賛美歌を聴きながら静かなクリスマスを迎えるのもアリかもしれません。

芸術に触れる

私事で恐縮ですが、クリスマスイブに一人でミュージカルを観に行ったことがあります。ミュージカルでなくとも、バレエでもクラシック演奏会でもオペラでも歌舞伎でも、芸術ならなんでOK。芸術鑑賞の場って、「クリスマス=恋人と過ごさなきゃ」ってノリの人がホンット少ないんですよ。

クリスマスを一人で過ごすことを気にしていた自分が恥ずかしくなるくらいです。
クリスマスのために恋活する気分にはなれない貴女へ……

普段どおり過ごす

カレンダーをご覧ください。今年のイブはド平日! 24日は火曜日なんです。ってことは、25日は水曜日。これまた平日ですね。翌日も仕事がある人がほとんどでしょうし、普段どおり過ごすのが無難なのではないでしょうか。

今年は、恋愛休憩期がたまたまクリスマスシーズンとぶつかっただけ……程度の軽い気持ちでやり過ごしましょう。そのうち自然と、「ぼちぼち恋でもするか」という気分になれるはずですよ。

菊池美佳子の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…