結婚カウンセラーが教える「理想の結婚相手第3位“生活力のある人”」の見分け方

こんにちは。結婚相談所カウンセラーの山本麻美です。前回までで、理想の結婚相手第1位「おおらかな人」、第2位「誠実な人」の見分け方をご紹介しました。今回は、第3位の「生活力のある人」についてです。恋愛の時とは違って、結婚となると、慎重になってしまうのが、男性の生活力。「好きだけど結婚は出来ない」と後で悩みたくないという女性のために、「生活力のある人の見分け方」をお届けします。

1、「生活力のある人」ってどんな人?

30代の女性会員さん達の結婚観を掘り下げていくと、「生活力がある男性」のイメージは、このようなものでした。

「大企業に勤めている人」「お給料が自分より高い人」「仕事に対する熱意がある人」「組織の中で生き抜く賢さがある人」「心身ともに健康な状態である人」

つまり、仕事が出来る人や稼ぐ能力がある人のことなのですね。では、一般的なお給料の平均とは、どれくらいなのでしょうか。国税庁の平成25年分「民間給与実態統計調査統計」で、年代別の全国平均年収を見てみましょう。

25~29才 男性 371万円 女性 295万円
30~34才 男性 438万円 女性 294万円
35~39才 男性 499万円 女性 297万円

でも、彼氏に年収を聞くことはないでしょうから、数字的なデータは、このくらいにしておきます。年収という数字が分からなくても、女性は本能で「生活力がある」人を敏感に感じ取ります。年収が高い低いよりも、社会と前向きに関わろうとする姿勢があるかを厳しくチェックしているようです。

2、「生活力がある人」を求める理由

20代のうちに結婚した女性は、学生気分の延長で結婚していることが多く、お金のことはあまり気にしていません。ですが、30代になると、途端に「生活力がある人」が人気になってきます。子供を立派に育てるためにはお金が必要という考え方はもちろんですが、近年はそれだけでもないようです。

女性も社会人10年近くになると、会社という組織の中で、男性的な考え方に寄っていきます。そのため、仕事のデキる人とデキない人で、人の価値を見るようになりがちです。思考が男性化して、人生における仕事の優先順位が高くなります。

ですが、体力が男性化する訳ではありません。「仕事も好きだけど、身体がきつい。結婚もして楽になりたい。」婚活を始めるタイミングとは、そんな時なのかもしれません。仕事よりも結婚優先の気持ちになった時に、自分が叶えきれなかった「仕事ができる人物像」をパートナーに求めようとするのかもしれません。

3、「生活力がある人」の見分け方

「大企業に勤めている」ことが生活の安心と思っている人も多いと思います。でも、どんな大企業に勤めていても、倒産したり解雇されたりすることもあります。その時こそ、「生活力」が試される時。そんな緊急事態を乗り越えることが出来る人なのかを、予め見極めておきたいですね!!

チェックポイントは次の2つ。

1、次の仕事を見つける心の切替が早いか
2、社会やお金に対する不満ばかり言っていないか

転機が訪れても、ショックを引きずらずに、素早く転職活動をする強い心があるかが大切ですね。そして、どんな会社からも欲しい人材だと思ってもらえる人物像であることも重要。社会やお金に対してネガティブな感情を持っていないかもキーとなります。

そんな、前向きなマインドを持っているかを簡単に試せる言葉はこちらです。

「私、転職しようと思ってるんだ」

と、彼に相談を持ち掛けてみて下さい。彼の転職に対する意識が分かります。この相談に対する彼の3つのリアクションから、生活力がある「社会に前向きな人物」かを見極めていきましょう。

■リアクションその1 「失業保険もらって、しばらくゆっくりすれば?」
人生に、働かない期間があることを容易に受け入れる人は、安定志向の女性が求める男性像とは異なりますね。自分自身が突然解雇された時も、恐らくしばらく働かなくなります。一見、優しい男性のように思えますが、他人への優しさは自分への甘さにもなり得ることを忘れてはなりません。
彼だけではありません。女性のほうも「失業保険もらって、しばらくゆっくりしよう」と思っているようでは、計画性に優れた「生活力のある」男性に、依存心が見抜かれてしまいます。彼女にするには問題なくても、妻にするにはどうかと思われてしまいますから、こういう考えは捨てましょう。

■リアクションその2 「そんな会社、早く辞めちゃえ」
すぐに会社のせいにする人も要注意です。会社VS従業員のような考え方を持っているタイプの人は、不満を持っている人に同調しやすく、正義感がおかしな方向に向かいがちです。個人の権利を守る主張が強すぎ、社会に対してネガティブな感情を持っているかもしれません。転職が容易ではない年齢になった時に、困ることになりかねません。

■リアクションその3 「辞める前に、次を決めておくことだね」
冷たいように聞こえるかもしれませんが、正解はこちらです。いずれにしても遅かれ早かれ、また別の会社に就職することになるのですから、新たなフィールドを楽しもうとする切替えは、早いに越したことはありません。今の会社で、全ての情熱を注ぎ込み、精根尽き果てるまで働いたのなら話は別ですが、そうでないのなら、大切なのは、気持ちよりも来月のお給料です!

4、生活力のある人と結婚するには?

「生活力のある男性」とは、しっかりとした会社で働きお金を稼いできてくれる人のことでした。では、そういう男性が求める結婚相手像とはどのような女性でしょうか。一言でいえば、「生活力のある男性」は、「生活力の高い女性」を望みます。それは、男性顔負けの仕事を持つ「金銭的に自立した女性」であることもありますが、大多数は、生活のソフト面である「料理・家事・癒し」が得意な女性であったりもします。今は忙しくてできないけど、「結婚したらこうしよう!」と思っていることがあったら、今すぐ始めて、「生活力の高い」女性目指して頑張ってみて下さいね。

 

Photo by photl.com


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…