女子が言う「好きだけど付き合えない」に対する男子のホンネ4選

「好きだけど付き合えないんだ……ごめんね……。」男子はこういう女子の言葉を何回か聞き、去ってゆく彼女の後姿に涙を流しながらオトナになってゆきます。

今回は、女子が言う「好きだけど付き合えない」に対する男子のホンネに迫ります。好きだけど今は好きな人がほかにいるから付き合えないとか、好きだけど結婚できる相手ではないから付き合えないとか、女子は女子で「好きだけど」の「だけど」にいろんな思いを込めているかと思いますが、果たして男子は「好きだけど付き合えない」を、ホンネでどう解釈しているのでしょうか。

さっそくご紹介しましょう!

1:「???」

「好きだけど付き合えないという言い方じたいが、まったく理解不能です。だって、好きなら付き合えばいいじゃないですか」(25歳・教材販売)

好きなら付き合えばいいと、シンプルに解釈する男子って、意外と多いように感じます。精神年齢は、女子のほうが上ですから、「いろんな事情」というのが、男子にはうまく理解できないのでしょう。

2:死にたい気分にならないの?

「好きだけど付き合えないって、ぼくも彼女のことが好きなんですよ。彼女もぼくのことが好きなんですよ。好きどうしで付き合えないって……死にたい気分です。彼女は死にたい気分にならないというのが不思議です。好きだけど付き合えないと彼女は笑顔でぼくに言って、ルンルン気分的な足取りで電車に乗っていきました。謎!」(24歳・IT)

付き合ってくれないという事実を、どのていどの重さで感じるか? ということですが、一般的には、男子のほうが重たく捉えているように思います。だから、死にたいと……。

3:付き合わなくてもいいから、ごはん友だちになってよ!

「好きだけど付き合えないと言われたら、じゃあ付き合わなくてもいいから、ごはん友だちになってよ! と思います」(29歳・広告)

ずっと友だちや知り合いとして、彼女のそばをウロウロしていたら、そのうちタイミングが巡ってきて付き合えることもある。こういう事実を知っている男子は、「付き合わなくてもいいから、ごはん友だちになってよ!」と思うのでしょう。ま、オトナの恋愛作法かと思います。

4:魅力的すぎる女子や!

「好きだけど付き合えないと言われたら、もうその瞬間に、その女子のことがめちゃめちゃいい女に見えてきます。逃した魚は……みたいなことです」(28歳・飲食)

ぶっちゃけ、付き合えた女子のことより、付き合えなかった女子のほうが、記憶に強烈に残っている男子って、わりといます。

 

今回のまとめ

いかがでしたか?

男子からの告白をうまく断れない女子のみなさんは、この「好きだけど付き合えない」を使ってみるといいかもしれません。

好きだけど付き合えない……嫌いじゃないんだよ……でも事情があって付き合えないんだ……ごめんね、じゃあね、バイバイ!

これだけで、彼の記憶にいつまでも燦然と輝き続ける「いい女」になれます。


この記事どうだった?

1いいね!

7うーん…