イタリア人に学ぶ! 2回目以降のデートへつなげるためのコツ

2回目以降のデートに誘われなくて悩んでばかり…という女性はわりといるようです。

先日「紹介してもらったイケメンと話がはずんだと思ったのに、1週間たっても次の誘いがないの」と、カフェで友だちに相談している女性を見ました。

デート

(c)GaudiLab – Fotolia.com

悩んでいるヒマがあったら電話のひとつでもかければいいのに! とつっこみたくなったのを覚えています。

相手のリアクションを待つのもひとつの作戦ですが、受け身のままでは身動きがとりづらく、「どう思われてるんだろう?」とストレスだけがたまりがち。

ここでは彼女たちが実践した、次につなげるためのコツについて、ご紹介します。

1.初回はふたりで、2回目は必ずグループで会う
自他ともに認めるグイグイ行くタイプである知人女性は、いいなと思った相手を必ず“自分から誘う”のがモットーだと語っていました。

誘われるようしかけて相手の反応を待つなんて、時間のムダ。逃したくない相手なら自分から行くほうが後悔しない! と豪語する彼女が実践するコツは2つ。

ひとつめはふたりきりのデートに誘うこと。それって逆効果なのでは? と聞いてみたところ「相手のテンションをはかるには、むしろそっちのほうが都合が良い」という意外な答えが。

「向こうにも“いいな”と思われていなかったら、誘った時点で断られるでしょ。最初からグループで会う約束だと、私に対しての彼のテンションをはかれないし、友だち止まりで終わる可能性が高いからね」と、相手の気持ちを判断するのに役立てているそう。

ふたつめのコツは、初デートの帰り際に、次の約束をすること。そして次会う時は、友だちもまじえて大人数でワイワイやることだそう。

連続して二人きりのデートだと、自分のテンションが必要以上に高く伝わり、一度デートしただけで終わってしまうことが多いからだとか。

あえてカジュアルに楽しめる場所へ行って“この人といると楽しいな”と思ってもらえたら、「3回目以降につなげるのは簡単!」と豪語するだけのことはあり、歴代彼氏は全員、そうやってつかまえたそうです。

2.忘れ物コールで次につなげる
初デートで次につながりそうかを必ずチェックする知人女性は、あえて小さめのピアスなど、簡単に外れることがあるものを、デートで彼のポケットにこっそり入れるそう。

そしてデートの翌日に「ピアスを失くした。あなたの服のポケットとかに入ってない?」と電話をし、ピアスを渡してもらうのを口実にして次のデートに誘うのだとか。

「向こうに2回目以降も会う気がなければ断られるし、会う気があれば“じゃ、会おうか”という話に持っていける。口実があれば断りにくくできるから誘いやすい」と語る彼女。

初回デートだけで次のお誘いがない相手にも、あえて同じ作戦をしかけるそうです。そういう相手の場合は、電話じゃなくてメールで。

その気がゼロならノーレス、いいなと思われていたなら返事が来るといいます。

注意するのは、連絡を1回だけで済ませること。2回も3回も連絡すると、うっとおしがられるので、1回だけ聞いて返事がなければ、あきらめることも大切です。

1回目と同じように2回目デートも楽しめたら、その後おつき合いに持っていくのもスムーズになるとか。

待っているだけでは、ご縁を手に入れる機会が遠のいてしまいます。がっつくのは逆効果ですが、やるときはやる姿勢を見せることで、相手の心を動かすチャンスにつながることも。

待つ女でいるのに疲れたときは、自分のためにも積極的にアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。
 
 
(金丸 標)

この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…