気づかないうちに言ってない!? かんたんに恋愛対象から外れるアラサー女性の口癖3つ

自分としてはそんなに深い意味はないんだけれど、周囲からしてみれば「この人痛い」と思われる口癖ってありますよね。
そういう発言、年齢を重ねれば重ねる程注意してくれる人も減ってきますからね。アラサー女性なんて気をつけないといけません。
かんたんに恋愛対象から外れてしまいますよ。というわけでいくつかご紹介致しましょう!!

「彼氏なんていらない」と語り出す女性達

これは実際に筆者が体験しました。この発言は先輩のアラフォー独身女性だったのですが、この女性はいかに自分には彼氏が不要かを語っていました。そう、なぜか、この発言を言う時の女性達は「語り出す」のです(笑)

彼氏がいらない理由としては、「仕事が忙しいから恋愛なんてしてる暇がない。それに、彼氏がいたら全てにおいて合わせなくてはいけないから面倒」と言う様なものでした。
「でも、彼氏がいると、寂しい時に抱きしめてくれたり、話を聞いてくれたりするよ」と伝えると、「抱きしめられたいと思わない。話を聞いてくれる人は周りにいっぱいいるから十分」との返答。
なんていうか……。痛いなと感じたのは筆者だけでしょうか(笑)ちなみにその時周囲にいた男性陣はみんな無言でした(笑)

人の好意を否定する女性達

特に他意はないのでしょうが、「週末に○○(高級レストラン)に連れて行ってもらったけどたいしたことなかった」などという、その人からしてみれば冗談というこの類いの発言も男性から敬遠されます。しかも、この発言には敬遠される2つのポイントがあるのです。

まずは、「高級レストラン」というキーワード。このキーワードから、お高く止まっているという印象に繋がります。よって、この女性と付き合うにはお金がかかりそうだ。というイメージに繋がるわけです。そして2つ目。
人の好意を否定するというキーワード。「高級レストランに連れて行く」ということ自体、誰にでも出来ることではありません。
つまり、好意がなければ出来ないこと。それをしてくれた相手に対して否定するというのは、人の好意を否定していると言うことに繋がりますよね。男性達は聞き逃しませんよ、そういう発言。どんなに笑って対応してくれても、「性格悪いな」と思われているのがオチ。ちなみに、高級でなくとも、誰かの好意を否定する様な発言は品を落とします気をつけましょう。

元カレの悪口を言いまくる女性達

曲がりなりにも一度は好きになった人。同じ時間を過ごした元大事な人の悪口を言いまくるのはもちろんNG。
「そんなに不満を言うなんて、恋愛においてこの人はどういう人間性を持っているのか? 」という点を疑われますし、わがままな女性像にも繋がります。

かといって元カレを褒めちぎっても、「まだ未練があるんじゃないか」と疑われます。全てを恐れて全く元カレの話をしないのも不自然。恋愛に大きな問題を抱えているか、「アラサーで処女か? 」と思われてしまいます。
元カレの話は、振られたら答える。事実をシンプルに。そこに感情を置かない。これがベストですね。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?
気がつかないうちに言ってしまっている言動、ありませんか?
若いうちは「かわいいな」「若いな」でゆるされる発言も、アラサーになれば気をつけていかないといけません。参考までに!

 

PHOTO BY Hsuhanyin


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…