アラサー女性の結婚には焦りは禁物です!

「出会いのチャンスがない」とか「若い時みたいにときめかないし、この年で失恋したらキツイ」なんていうアラサー女子の声を最近よく聞くと思いませんか?

それなら、恋愛を飛び越えて結婚を前提のお付き合いができる婚活をしてみるのはどうですか?
自分で告白しなくてもいいし、お断りも婚活会社の担当者がしてくれますから、もしご縁がなかった時でもそんなに傷つかずにすみますよ。

【婚活するなら結婚に焦る女性は要注意です!】

恋人のいない未婚のアラサー女性の場合、社会人としてはベテランの領域に足を片方突っ込みつつも、結婚に関して、心はまだまだ夢見る乙女のような感じの女性も多いそうです。

でも結婚は、理想の王子様と大恋愛の末結婚したとしても、結婚すると「夫の家族や親戚とのお付き合い」といったオマケが彼と一緒にもれなく付いてくるのです。

玉の輿狙いも良いですが、自分の自由が利かないお相手との出会いは避けましょう。
夫の親や親戚が、何かあるたびに口を出して来ます。その結果、家庭で孤立し、夢の結婚生活のはずが悲しい人生の幕開けとなってしまうような人もいるのです。
そういった場合、結婚に焦って条件と容姿だけで、相手のバックを見ずに結婚してしまったケースが多く、悲しいスピード離婚が待っているのです。

結婚に焦る気持ちは、「恋は盲目」に拍車をかけてしまいます。
一生幸せに連れ添うことのできるご縁を見つけるためには、「今お付き合いしている彼は好きだけど、一生連れ添うお相手ではない」とお別れの覚悟ができるくらいの心の余裕が必要なのです。

もしもの時は独りでもいいや!」位の心の余裕があれば冷静な目でお相手を見ることができますよ。

【独りの人生の覚悟が決まった女性は強い】

「残りものには福がある」をモットーにおっとりゆったり生きている私の友人の話をします。
驚きの「ラストシンデレラ」の実話を紹介しますね。

私の友人は30歳を超えた時点で、恋人もいないし、妥協したお見合いばかり勧められるのを嫌がって、両親に「独りで生きていく」宣言をしたのです。
その為に腰掛で勤めていた大企業をあっさり退職して、一生の仕事を得るために「旅行主任者」の資格を取得し、添乗員になり転職を果たしました。そして念願叶って添乗員から旅行代理店の正社員にもなれました。

そんな彼女に幸運の女神がほほ笑んだのは30代後半の時です。まず、彼女は企画部課長に抜擢されました。彼女の幸せはそれだけではなかったのです。
イギリス男性と運命的な出会いをして、ナント国際結婚さらには出産もしたのです。

彼女達は母親と同居していて、育休が終われば70歳を過ぎた彼女のお母様が孫の面倒を見てくれる予定だそうです。彼女は仕事に復帰するのだそうですよ。
他人より少し遅かったとはいえ、仕事も夫も子供も全て手に入れて、親孝行もして、彼女の人生は今絶頂期です。

こんなふうに、恋に全く積極的でなかった彼女も、他人よりも少し遅い時期に幸せな結婚をする事ができました。人の結婚適齢期は世間の結婚適齢期とは違い人それぞれです。

それが私の友人のように自分で得た出会いか婚活やお見合いで出会ったご縁かはわかりませんが、その人の心が結婚にふさわしいくらい成長し、その時期が来たら神様は運命の出会いを用意してくれているものだと私は思います。

鶴山あずさの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…