もうメロメロ!彼をベッドで虜にするプチテク3つ

女性たるもの、
彼と愛する時間は大切ですよね。
その時間でもっともっと綺麗で美しく見られたい!と思うのは当然なことでしょう。

でも、実際夜は疲れていて早く寝たかったり、お手入れに関しては何よりも時間を要するため、手間に思うこともありますし・・・女性も色々大変ですよね。

もし不調の時は彼に我慢してもらっても、それが何度も続くと・・・
いくら優しい彼でもがっかりしてしまうかもしれません。

そこで今回は、彼との夜の時間を最大限にセクシーに演出するためのちょっとしたテクニックをご紹介します。彼に我慢させてしまった時は勿論、もっと彼を虜にさせたい貴女は必見かも?!

1.癒し×じらしの天使と小悪魔系囁き 

「ちょっと仕事で疲れたな・・・って時、彼女が耳元でお疲れさま、って優しく囁いてキスしてくれたことがあります。もう、その瞬間、疲れなんて吹っ飛びましたね。すぐに彼女にガバっとしてしまいました。(笑)」(20代男性)

「彼女とベッドでイチャイチャしていて俺がしたくてたまらなくなった時に、彼女が耳元で、まだ・・・だめ。って言っていた時はゾクッとしましたね。凄く色っぽかったです。」(30代男性)

 

普段は受け身な女性ならなおさら、彼がしたくなっても耳元でストップを、
そして、彼が疲れている時は耳元で愛の囁きを。そんな小悪魔系ギャップが彼をドキドキさせるようです。

2.香水はNG?!ふんわり漂う誘い香

「ベッドで彼女を抱きしめたとき、髪からふんわり微かに良い香りが・・・シャンプーなのかな?本当に微かだったからもっと嗅ぎたくて、気が付いたらかなり強く抱きしめてましたね。」(20代男性)

 

香水の強すぎる香りを好む男性って意外と少ないものなんです。彼を奮い立たせる香りは微かに、上品に、がポイントです。シャンプーの後ヘアドライ時に少し香りが強めのトリートメントを付けて乾かすと、微かな香りが演出できるかもしれません。そして極めつけは直前にも少し付けること、ほんの少し・・・ですよ。

3.恥ずかしくても彼を見つめて誘う目線

「俺は、Hの時彼女の声には勿論そそられるけど、何よりもH中に目が合うとかなりドキッとします。彼女の感じている顔を見ていたいですね」(30代男性)

 

女性にとっては、身体を見られることは勿論、それ以上に顔を見られるのは本当に恥ずかしいですよね。でも、たまには頑張って目を開けて、彼を見つめてみて。恥ずかしがりながらも感じている貴女の表情は何よりも彼がメロメロになるスパイスなのです。

おわりに

いかがでしたか?
彼をベッドで虜にし続ける女性はいつまでも愛される手放したくない女性です。今夜から、貴女も是非・・・実践してみてくださいね!

 

Photo by helgasms


この記事どうだった?

12いいね!

2うーん…