見た目にそぐわぬスペックを見せ付ける…ブスはカラオケで蝶となれ!

能ある鷹は爪を隠すということわざがありますよね。
普段から自分の才能をひけらかして、いばっている人よりも、いつも穏やかにニコニコとしているのに、ここぞというときに思わぬ実力を発揮する人の方が人間的には魅力があるというものです。
恋愛って第一印象。つまりルックスがかなりのウェイトを占めるものですが、だからと言って美人ばかりが楽しめるというわけでもありません。
むしろ世間一般を見渡せば、美人よりも平凡なルックス、あるいは言葉は悪いですが、ブスの方が多いものです。

いわゆるブスの人が恋愛ができないかと問われれば、決してそのようなことはありません。
そりゃあ美人よりもチャンスは少ないでしょうけど、恋愛なんて数をこなして自慢するようなもんでもないですし、少ないなら少ないなりに、経験を濃密にすれば良いだけのことです。

男性の立場からすれば、合コンなどでまず気にするのは、顔と体型です。
正直、人間性は二の次になってしまいますが、これは申し訳ないけどしょうがないことだと思ってください。
ただ、ギャップに弱い男性は意外に多いもの。

思わぬ底力を見せ付けられると、評価を一変させる男性もいます。
たとえば分かりやすい事例として、カラオケボックスなんかはその評価が一変しやすい場所かもしれません。

カラオケで美人を出し抜く3つの秘訣!

カラオケって、複数の男女で訪れるチャンスが、結構多い施設です。
歓迎会やら送別会、忘新年会に合コンの2次会などなど。入る機会はそれなりに多かったりします。

そして、こういうところで、たとえば滅茶苦茶歌が上手かったり、歌っているときのちょっとした動作が良いものだったりするだけで、男性の中にはついコロッと行っちゃう人がいるんです。
流石にその場の男性全員を魅了するということはできませんが、それでもやるとやらないとではちょっと違うんです。

歌が抜群に上手いという場合は、それだけでその場の誰しもを、一瞬「え? 上手くない?」とびっくりさせることができます。
人によってはそれだけでその場の雰囲気を飲むこともできるでしょう。

ただ、歌がそこまで上手くなくても、3つほど努力すると、やはり注目の的になれる。

ブスがカラオケでやっておくべき3つの裏技!

たとえば外国のアーティストのメジャーな楽曲を入れて「あ、これ知ってる!」と周囲に反応させた上で、ネイティブばりの発音で歌うことができれば、誰もが「すげえ」と思います。
これを可能にするには、地道に英会話教室に通うなどの努力が必須ですが、これこそ美人ではないと自覚する人ならしておいて損のない自己投資です。
英語の発音が上手な人の歌は、聞いていてうっとりしますから、こういう状況では確実にプラスに作用します。

次に、古くて味のある歌を歌えるというのも結構悪くありませんね。
仮に美人とブスな女性は同じ歌を歌ったら、歌唱力がそんなに変わらない場合、男性はやっぱり美人の歌の方が良いと感じてしまいます。
これを防ぐには、歌える楽曲のバリエーションを広くするのが一番。
それに、新しい歌ばかり歌う女性って、20代後半ぐらいになるとただのミーハー扱いされがちですし。

最後に、これはもう王道。
狙っている男性の目を見つめながら歌う
これはやっぱり理由はどうあれ男性は意識してしまいます。
ただ、真顔で見つめると怖がられる場合があるので、笑顔で、その場の雰囲気をおかしくしないように注意しつつ見つめることにしましょう!
笑顔は笑顔を誘います。

おわりに

美人といっしょにカラオケに行く場合、自分のルックスに自信がない女性は、どうしても奥手になりがち。
しかし、引っ込み思案で得意技を隠すのはもったいないことです!
宝は持ち腐れちゃダメ! その場の主役になってやるぐらいの勢いでガンガン本領を発揮してやりましょう。

 

photo by PublicDomainPictures


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…