男性がエッチの時に女性に対して抱く願望

願望というか、夢というか……。男性はセックスに対して、それなりに淡い想いを抱いています。中高生じゃなくても、「こんなこと、できたらいいなー(まあ、実際にできるかどうかは置いといて)」という妄想を、いつまでも思い描いているものです。

今回は、男性が密かに抱いている、エッチの時に女性に対して抱く願望を細かく見ていきたいと思います。何となくでも、ムラムラしている彼の頭の中がわかれば、上手に対応することも可能でしょう。中には「なんて都合のいいこと考えてんのかしら?」と、呆れてしまう内容もあるかもしれませんが、そこらへんは愛嬌として受け止めてあげると良さそうです。

岡崎1202

「あなたって、こんなにスゴイのね」とウットリ……

性的に女性を屈服させるというのは、多くの男性が理想として抱いています。今どきはS女や肉食系女子も喜ばれますが、男性には女性の優位に立ちたいという願望が、本能的に深く刻み込まれているのです。

そのため、彼女から「あなたって、スゴイ!」「こんなの初めて!」などと言われて、トロンとした眼差しを向けられると、ほとんどの男性は優越感に浸ります。肉体的快楽におぼれるだけでなく、精神的にも満たされるでしょう。

そのため、世の男性たちは、できるだけ長く持たせようとしたり、より激しく腰を振ってみたり、アクロバティックな体位に挑戦してみたりと、努力を惜しみません。愛する彼女をウットリさせたいと、淡い夢を見るのです。

お掃除フェラを当たり前のようにしてくれる

AVにはよくあるシーンかもしれません。情事の後の男性器をセクシー女優さんが、お口でお掃除する……という。

多くの男性は、果てた後の息子さんを優しく、丁寧に彼女がいたわってくれることを、夢見ているようです。

しかし、ほとんどの女性は、「そんなのムリ」「頑張ればできるかもしれないけど、できればやりたくない」と思ってしまうはず。事後処理を、舌や唇でしなければいけないということに拒否感を覚えたり、出きっていない精液が口の中に入ることや、自分自身の愛液を舐める行為に嫌悪感を覚えたりするでしょう。

終わった後のお掃除に関しては、ほとんどの場合が夢や願望のまま終わるような気がします……。

彼女がアレもコレもしてくれる……

好きな女の子との初エッチや、二回目、三回目という段階では、男性は女性に対して過剰な妄想を描きがちになります。心がガッチリと重なり合うほど好き合っているとしても、だからといって、身体の相性も良いとは限りません。セックスをして冷めた、というケースだってあるのです。

しかし、男性は愛する女性に対して、「アレもコレもしてくれて、床上手であってほしい」という願望を抱きます。最初から、マグロだとか、フェラがヘタなどと予想はしないでしょう。めくるめく甘い官能のひとときが実現してほしいと切望するのです。

二回戦、三回戦もいきたい!

これは、彼女に対する願望であると同時に、自分に対する期待でもあります。「朝まで何度でもイキたい」と。

もちろん、それは年齢が若ければ若いほど、実現可能でしょうし、実際にできるのかもしれません。彼女には求めるなら必ず受け入れてほしいと願っていますし、「もう疲れたから、イヤ」「眠たいから、やめよう」なんて言ってほしくはないのです。

けれど、男性としても、二回戦・三回戦がなかなか難しいお年頃を迎えると、一度果てれば「もういっか」と気持ちが冷めてしまうはず。そこには、「オレも年取ったなあ」だとか「前は何度もイケたんだけどな」などというガッカリ感もあるでしょうね……。