日本人の夫婦はなぜセックスレスに陥りやすいのか?

夫婦が男と女でいられなくなると、突然老化してしまいます。色々なことがむなしくなったり、ストレスがたまってイライラしてしまうことも。

セックスレスになる夫婦たち

画像:(c)WavebreakmediaMicro – Fotolia.com

なんと、現在日本では婚姻しているカップルの45~50パーセントがセックスレスだという統計も出ています。

欧米ではセックスレスが離婚理由にもなるのですが、日本では「お父さんお母さん」がセックスをするのが少し気恥ずかしい、むしろ嫌らしいというイメージすらあり、問題視されないのがまた問題なのかもしれませんね。

今回はそんなセックスレスの理由をリサーチしてきました。

■「近親相姦」「不潔!」という感覚が芽生えてしまう
子どもができたからレスというのはよく聞きますよね。主に男性側からは「子どもができたら女じゃなくて母に見える」という理由。

「母親」であるところを見てしまうと近親相姦をしているような罪悪感が出てくるようです。出産に立ち会ったがために「母の強さ」を見てしまって実感する人もいるとか。そのように、家族としては仲が良いのにできない人が増えています。

一方、女性側からは「子どものママである私に性的興奮をするなんて不潔」という男性にとっては意味不明な話をよく聞きます。今回リサーチした女性にも複数いました。

基本的に激しい恋愛やピュアな学生のような恋愛が好きで、日常でときめかないタイプが陥りがちな思考です。このタイプはちょっとしたキッカケで不倫に走りやすいかも? 

また女性側には産後の体力が戻らない、膣口がせまくなり苦痛を伴うようになったなど、フィジカル面の問題もあります。

結果、たびたび断っているうちに、夫も誘い辛くなり、体調が戻っても妻から誘いにくい、もしくは勇気を出して誘ってみたものの引かれてしまってショックで濡れなくなってしまうなど、夫婦はどんどん悪循環にハマっていくのです。
 
■忙しいから相手をしていられない
欧米では子どもができるとすぐに個室を与えます。夫婦は別の部屋でゆっくりと夫婦の時間を過ごすのです。欧米ではレスにならないように努力をするのも当たり前のことなんでしょうね。

そして、子育てが忙しい時期はシッターなどのバイトを雇い、デートをすることもあります。夫婦で楽しい時間を過ごすことは後ろめたいことではないのです。むしろ手順を踏んでいれば当然のことと受け入れられます。

ところが日本の保育園では「仕事中は預かるけど仕事外はNG」と仕事帰りにお買い物をすることさえ注意されます。

私立の託児所では1時間1500~2000円と高額。公立でも1000円弱~がほとんどです。しかも公立では理由がはっきりしていないと預かってもらえません。

■相手にロマンスを感じなくなった。下手だからしたくない
また、1人目ができたことで周囲が「不妊ではないんだから2人目を」と過剰に期待することで、セックスが義務化してしまいロマンスを感じなくなるようです。

お互い「母」になったからと姑が急に嫁に親近感を抱き、家族の前で平気で「二人目は?」「セックスしてる?」「精液入れてから逆立ちしてみたら?」とロマンチックのかけらもないことを言いだすことも。

子どもが生まれる前から赤裸々に性的な話をしてくる姑さんもいますが、夫婦ともに萎えますし、なによりストレスで受精し辛くなります。ちょっと口うるさい姑さんのいる家庭はレスに注意です。

さらに義務化すると濡れにくくなったり、男性も興奮しにくくなっていきます。今回、お話を聞いた方の中には、「手早く済ませようとしているのか、ぷっと唾をかけられて、泣いてしまった」「しばらく控えよう」と相談したと涙ながらに話してくださった方もいました。

濡れないので痛みを伴わないように早く済まそうとしてくれたのかもしれませんが、ロマンスのないセックスなんて、誰がしたいんでしょうか? 

また不倫までいかなくても「ほかに気になる男性が出来てから、夫の唾液とか愛撫が気持ち悪い」という意見も。

気になる男性が身近な人である方もいれば、タレントさんや二次元キャラへの愛情が深くなってしまった方もいましたが、いずれにしても比べてしまうと旦那様にロマンスや魅力を感じなくなってしまうようです。

「たまに付き合ってあげても下手だから余計に嫌になる」

「彼のことを考えてムラムラしたから誘ったけど、ぐいぐい押しつけてきたり、一方的で気持ち悪かった」

「がっついて乳首なめてるんだけど、痛いだけだし。なめさせようとして押しつけてきて、デブになったもんだから鼻がふさがって死ぬかと思った。マジ無理」という厳しいご意見もいただきました。

タレントさんや二次元の方とセックスを妄想したのだと思うのですが、旦那さんの技術が妄想のレベルにまで到達していなかったのでしょう。

また、旦那さんが久しぶりの女体に興奮してしまって、自分の欲をぶつけるなど、ロマンスのかけらもない独りよがりのセックスをしたのかもしれませんね。

こちらの女性たちは二次元の彼、タレントや気になる男の子に夢中なので、今後も旦那さんとは一切するつもりはないそうです。

長くセックスをしていないと、お互いに性生活に対する心遣いが減り、ナイーブになってしまいます。欲をぶつけたり、理想を押しつけたりせず、お互いを思いやることでレスを解消していきたいものですね。
 
 

夜オンナの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…