好きになった彼がバツイチだったときの恋愛法

■好きになった人がバツイチだったら

 あの人と結婚したい! と思うくらい好きな人なのに、実はバツイチだった……。

 そんな恋愛の形もなきにしもあらず。最近では、バツイチを明るく前向きに捉える人が増えてきています。人生の大切な時間を一緒にいたいと思えない人に費やすなんて時間の無駄!と考えると、バツイチになる選択を適切と判断する人が増えているのもうなずけます。

■バツイチでも気にすることはない

 今の日本では、3組に1組が離婚をする時代になっています(厚生労働省「平成22年人口動態統計」より)。そのため、相手がバツイチだからといって悩むことはありません。むしろ、人生を前向きに考えている人と思って、堂々と付き合っていればいいのです。

 とはいえ、自分がそう思っていても、相手は気にしている場合も多々あります。そのため、言い出すタイミングがなかなか掴めないでいるという人がいるも事実です。最初はショックを受けるかもしれませんが、それでも好きだという気持ちがあるならば、正直に受け止めることが大切です。

 それに加えて、親の理解が得られるかどうかという心配もありますが、私が結婚カウンセラーとして相談を受けている実感としては、親御さんにも抵抗がなくなってきているように思います。要するに、自分が気にしているほど、周りは気にしていないということです。

■相手の離婚の理由は必ず確認する

 相手がバツイチであれば、必ず離婚の理由を確認してください。相手が傷つくかもしれないと思って聞かないでおくと、後になって大変なことになるかもしれません。
 
 たとえば、女性問題で離婚をした人であれば、また女性問題を起こす可能性があります。だからといって、諦めるのではなく、いつまでも魅力的な女性であり続けようという覚悟があれば、女性問題を食い止めることができるでしょう。つまり、前もって予防ができるというわけです。

 また、相手のことをなじったり、悪口を言うような人であれば、あなたに対しても同じように言うかもしれません。厳しい言葉や思いやりのない態度になっても、そういう人なんだと理解していれば免疫がつきます。ただし、付き合っている中で、どうしても耐えられないほどの言葉の暴力を受けるようであれば、結婚は考えた方がいいでしょう。

 金銭問題での離婚であれば、彼がお金に細かい締り屋なのか、逆に浪費家なのかを見極める必要があります。お金に対する考え方は、デートをしている時でも十分わかると思います。自分と同じ考え方である方がうまくいくことは言うまでもありません。もし、真逆に考える人であれば、結婚した後で苦労する可能性があることは忘れずにいてください。

■バツイチの男性は魅力的?

 バツイチの人には、そうでない人よりも素晴らしい点もたくさんあるでしょう。一度は結婚に失敗したものの、それなりに悩み、苦しみ、寂しい思いをした経験を持っています。もちろん、強い反省もしているでしょう。でも、それが人間としての強さや優しさになっているのです。

 また、結婚問題で悩んできた経験上、女性特有の心の不安定さをよく理解している人も少なくありません。心と身体の問題をわかってくれるという意味でも、バツイチの男性はとても忍耐強く、思いやりをもって接してくれるでしょう。そう考えると、バツイチの男性も魅力的といってもいいかもしれません。

【恋愛ガイド:佐竹 悦子】

All Aboutの他の記事を読む