恋は、自分勝手な感情?恋愛という言葉に隠された本当の意味

私たちは、いくつになっても、恋愛に関心を持ち続けているのかと思います。
例え、おじいちゃん、おばあちゃんになっても、この気持ちを失うことは無いのかもしれません。
それだけ恋愛とは、人の心に刺激を与え、豊かにしていくものなのです。
すべての人たちが、恋愛を通して学び、成長し、そして幸せを築いていくものだと思います。

私たちは、恋愛という言葉を普段なに気なく使ったり経験しているかと思いますが、
この「恋愛」というフレーズを、深く考えたことはありますか?

恋愛とは「恋」と「愛」、この2つのフレーズが1つになった言葉です。
それぞれ違った意味を持ち、それが1つとなり奥深いニュアンスになっています。

それでは、今回は「恋愛」について触れてみたいと思います。

恋愛の「恋」とは…

「恋」とはどういうことか…?それは、自分の気持ちが中心となり、によって動かされることです。
「抱きしめたい」「アレが欲しい」「コレが欲しい」と、欲望や本能を満たしたい気持ち
自分の心の隙間を埋める目的が「恋」なのです。
どうしても心の隙間が埋まらず、ケンカをしてしまったり自己中になっているときは、まだまだ相手に恋をしている状態ということなのです。

恋というのは、相手の気持ちよりも自分のことが優先されるため、欲が満たせずにいると、気持ちが冷めてしまうこともあるのです。

自分勝手な感情、これが「恋」なのです。

恋愛の「愛」とは…

では、「愛」とはなにか?それは、欲のもっと先にあるものです。
自分のプライドを捨て、相手の事を想える力。簡単に言えば、相手のことを心の底から心配できる気持ち、それが「愛」なのです。

例えば…。親が子供に与える「愛」。この無償の愛こそが本当の愛のカタチです。
しかし、親は子に「恋」を抱きません。はじめから「愛」しか存在しないのです。

恋愛とは「恋」からはじまり「愛」に辿り着くもので、決して「愛」からはじまることが無いということですね。

この「恋」と「愛」を行ったり来たりと繰り返し、少しずつ少しずつ「恋」から「愛」へ進んで行くものなのです。
この道のりは、決して1人では経験することができません。パートナーがいてはじめて感じることができる領域なのです。

おわりに

恋からはじまり愛に辿り着く。これが「恋愛」です。

まだ恋をしている時期は、お互いが欲を埋めようと必死なときです。この間は、何かと上手くいかないことが多く、不安な気持ちも抱いてしまいますが、恋をしているときはこれで良いのです。
この欲望や本能のぶつかり合いが、少しずつ愛へと変えていくのだから。恋愛とはそういうものです。

だから、欲を満たそうとする好意は、とても自然なことで、いずれ心が満たされれば愛へと変わっていくはず。この恋と愛の繰り返し、そして移り変わりを意識して感じてみれば、また違った恋愛を楽しめるかもしれませんね。

 

(writing by そら)