不安の原因は既存のセックスにあった!? 彼と気持ち良くなるための工夫3つ

付き合ったばかりのエッチって緊張してしまいますよね。

彼のことを信頼してないわけじゃないけど、裸を見られて幻滅されちゃったら……。上手く感じられなくて、気まずい雰囲気になっちゃったら……。いくら彼が「大丈夫だよ」と言ってくれても、ドキドキよりも不安が勝ってしまうことって少なくないものです。

そんな時は、彼とのセックスをイメージすることから一度離れて、彼とどうやったら幸せな時間を過ごせるかを考えてみるといいかもしれません。

今回はそんな付き合い立てのカップルが、気持ちのいいセックスをするための工夫についてまとめてみました。

セックスに対する考えを事前に共有する

一般的にセックスというと、挿入をするセックスのイメージが強いものです。でも、最近はアダム徳永さんが提示するスローセックスが注目を浴びているように、セックスは必ずしも挿入だけではない意識が広がっています。

ただでさえ「挿れられるのが痛いから」と、セックスに苦手意識を持ってしまう女性は少なくないもの。また、その指摘の仕方によっては男性も自信を失ってしまい、ともにセックスに対する敷居が高くなってしまうことも……。

でも、本来セックスというのは行為をすることが目的ではなく、愛情を深めることが目的のはずです。すなわち、相手のために我慢してセックスをすることは一切必要ないのです。

まずは一度、彼とセックスに対する考えを話し合ってみては? あなたの考えるセックスのイメージを彼と共有できれば、安心感が生まれてセックスに対して前向きになれるはずです。

リラックスできるセックスを心掛ける

気持ちのいいセックスをするためには思いやりがあってのものですが、お互いにリラックスした状態を作り出すことも大切です。もし彼と最後までするのに躊躇いがあるなら、「今日は前戯だけにしよ……?」とあらかじめ決めおくと、行為に集中しやすいかもしれません。

というのも付き合いが浅いうちは、慣れないセックスに緊張してしまいがち。緊張してしまうと体は強張り、感じるまでに時間がかかってしまいますよね。ですので、前戯だけと決めて、お互いがリラックスできるセックスを意識してみるのです。

例えば裸になったらギュッとハグをして、相手の手を握りながらキスをする。この時、「これから彼とエッチをするんだ……」と考えるのではなく、あくまでも普段のイチャイチャの延長としてお互いに居心地のいいことを求めてみて。

その方がセックスに対するプレッシャーが少なく、純粋に彼とのセックスを楽しめるはずです。

セックスの不潔、汚らしいイメージを捨てる

セックスに恥ずかしさは付き物。でも、恥ずかしいからとモジモジしていていては、お互いに緊張は解けないままですよね。セックスに恥ずかしさが付きまとうのは、お互いが生まれたままの状態になって、一番恥ずかしいところを見せ合うからかもしれません。

でも、お互いの恥ずかしいところをすべて知ることで、相手への愛情も深まるもの。彼の体を求めて、そしてあなたの恥ずかしいところを彼に触らせてあげて。お互いの呼吸が合えば次第にセックスへの恥じらいは薄れ、快感へと変わっていくでしょう。

既存のセックスに捕らわれない

セックスはお互いの気持ちによって、雰囲気が作られるものです。少しでも雰囲気のいいセックスにするためには、まず既存のセックスのイメージを捨てることから始めてみましょう。

セックスはふたりで気持ちよくなるもの。我慢したセックスにはサヨナラをして、ふたりで理想のセックスを作り上げられるといいですね。

 

Photo by porsche_chen2009

柚木深つばさの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…