街コンや合コンはキッカケに過ぎない! 出会いが次に繫がる人との差とは

街コンや合コン、婚活パーティーといった出会いの場。一体、どれくらいの人がこれらのイベントで恋人ができたことがあるのか、周辺を調査してみました。筆者の周りだけの調査なので、多くの人に当てはまるかどうかは定かではありませんが、合コンで恋人ができた経験のある方は24%、街コンや婚活パーティーで恋人ができたことのある方はたった6%でした。友達からの紹介で恋人ができたことがある人も調査してみた結果、43%が「ある」と回答。友達からの紹介でのマッチング率が高い点は、間に情報を運んでくれる共通の友達がいることや、事前情報の量が多いことにありそうです。

でも、街コンや合コンが出会えないというわけではありません。現に、少数ですが交際に至った人がいるのですから。街コンや合コン、婚活パーティーなどに参加して、恋人ができる人とできない人の差は何なのでしょうか。

hime26

時間が限られている

街コンや合コンは時間が限られています。たった2時間程度で相手のことなど分かるはずがありません。街コンや婚活パーティーだと、話す相手をシャッフルされる時間もあり、一人当たり数分としか話せない場合もあります。

合コンや街コンは出会いのきっかけと考え、勝負は二度目からです。よほど不潔だったり、不健康に見えるほど太っていたりしない限り、積極的に出会いの場に参加するような男性は女性からのデートを引き受けてくれます。街コンや合コン時に「この人、なんか違うな」と思っても、二度目に会うのを断らない方がいいです。自ら可能性をつぶさないで!

インパクトを与えられるかどうか

合コンはともかく、街コンに参加すると、本当に多くの人と連絡先を交換します。筆者も街コンには何度か参加しましたが、あっという間にLINEの友達欄は知らない人の名前でいっぱいになり、後で「この人誰だろう……」と思うアカウントから連絡がくることもしばしば……。10人以上と話し、連絡先を交換するよう司会者に指示される街コンでは、よほどインパクトがない人以外、顔と名前を覚えられません。どうしても覚えられないという人は、「記念に」など言って写メを撮って写真を撮った順に名前をメモしておくのも、忘れないための手です。

また、相手の顔と名前を覚えられないのは男性も同じです。特徴的な服装(奇抜という意味ではなく、帽子やはっきりした色の服など)をし、覚えやすいあだ名も伝えておきましょう。

まとめ

「合コンや街コンに参加しても収穫ナシだった」という話を聞くこともありますが、それはその場一回で決めようとしているからです。あくまで合コンや街コンはきっかけと考え、二度目に会うまでのプロセスと、二度目のデートがどうだったかで判断すべきですよ。

 

phot by. Danila Panfilov