褒め上手な男性はモテる! 女性から好感をもたれる4つのテクニック

外見が特別に良いわけではないのに、女性に人気のある男性っていますよね。彼らを観察してみてください。日常的に女性に対して褒め言葉を口にしているのではないのでしょうか。

「お世辞だと思われたら……」と、褒め言葉を飲み込んでしまうのは損。コミュニケーションを潤滑にするためにも、女性に対してサラッと褒め言葉を投げかけたいものです。彼らはどのように女性を褒めているのかをまとめてみました。

■1.気付いたらすぐ褒める
「笑っていいとも!」では、タモリさんがよくゲストとの挨拶の直後に「髪切った?」と質問していました。出会い頭に気付いた変化に触れているのです。

タモリさんの場合、「長らく会っていない人は大体髪を切っている」ことにより、大体誰にでも「髪切った?」が成立するというのが面白さにつながっているとはいえ、言われた人は気付いてくれたことにドキッとするでしょう。本人にとっては髪を切ったことに気付いてもらったら嬉しいので、心にしまっておく必要はないのです。

出会い頭に褒められるとテンションが上がり、それ以降のコミュニケーションが潤滑になります。髪に限らず変化を見つけたらその場で声をかけてあげましょう。

■2.褒め方が具体的
お世辞だと思われないためには、「どこがどのように良い」か、あるいは「なぜ自分はそう思ったか」を伝える必要があります。たとえば、女性のネイルが新しいものに変わっていたとしたら、「ネイルがいいね」と伝えるより、「冬らしい色のネイルで季節感があっていいね」と言うほうが具体的です。

具体的に伝えることで、あなたが本当に心から思っている言葉だと受け取ってもらえますから、うわべの言葉だと思われなくなります。ファッションに明るくなくて、なぜそれが良いと思うのかはわからないときには、「すごく似合っていると思う」と言えばOKです。

■3.外見イメージと逆のポイントを褒める
人は外見のイメージで相手を判断しがちです。いつも褒められることを言われても「またか」と思ってしまい、あまり心には響きません。さらに、人間は多面性のある生き物ですから、外見イメージ以外にも色々な顔があり、「本当は違うのに」と思ってしまいがちです。

そこで、外見のイメージとは逆のことを褒めてみましょう。言われたことがないことはドキッとしますし、印象に残る褒め言葉になります。その女性から受ける外見のイメージは強そうですか? 弱そうですか? かわいいですか? かっこいいですか? 天然っぽいですか? しっかりしていそうですか? 印象と逆の褒め言葉を考えてみてください。

たとえば、華奢でか弱そうな女性には「芯が強そう」。高身長でかっこいい女性には「かわいい」など、逆の側面を褒めることで、「この人はちゃんと私のことを見てくれている」と思うきっかけとなり、好感度が上がるでしょう。

■4.「かわいい」が言える
女性にはあって、あまり男性にはわからない感覚が「かわいい」だと思います。感覚ですから、身に付けるのはなかなか難しいかもしれません。

「かわいい」という感覚がいまいちわからないなら、女性が「これ、かわいくない?」と言ったら「かわいいね」と同意して褒めてみましょう。女性は共感を示してくれる男性に好意を抱きやすいので、「別に」「そう?」なんて言葉は絶対にNG。

また、女性のファッションはその人にとっての「かわいい」の集合体であることが多いです。ファッションに明るくなくても、気に入っていそうなアイテムを指して「それ、かわいい」と言えば、女性は嬉々としてお気に入りポイントを語り始めるので、笑顔で相づちを打つだけで、「楽しい時間を過ごした」に変換されるでしょう。

■褒めて好意を示すと心理的距離が近づく!
日本人男性は、あまり褒めるのが得意ではありません。しかし「言わなくてもわかる」と思ってあえて口に出さなかったり、「気恥ずかしい」と思って言葉を飲み込んでしまっていては、女性には伝わりません。

 人間には他人に認められたいという基本的な欲求があります。褒め言葉を伝えることで、褒められた相手は喜び、褒めてくれた相手に好感を抱きます。気になる女性を振り向かせたい、パートナーにいつまでもキレイでいてほしいと思うなら、たくさん褒めてあげましょう。褒められて伸びるのは女性だって同じなのです。

【相沢あいの恋愛コラムガイド:相沢 あい】


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…