恋は直感が大事と言うけれど・・・直感を磨く方法はこれ!

恋愛に絶対に必要なものと言えば、直感力です。好きになった彼がどんな人物なのか……いろんな方法でこっそりと探ると思いますが、いかに情報を集めまくったところで、最後はあなたの直感にはたらいてもらわないと、話が始まりませんよね。

つまり、見えないものを、いかにうまく見るか? ということが、恋の勝敗を分けると言えます。

見えないものが見えるようになるためには・・・

見えないものが見えるようになるためにはどうすればいいのか?

たとえば料理を例にとりましょうか。

出来合いのホワイトシチューを食べていても、それがどのように作られているのか、分からないですよね。

でも、お料理の本を見ながら自分で作ってみると、たとえば小麦粉が入っていることが分かります。

「なにでできているのか」が分かると、「そのもの全体」がよく見えます。そして、出来合いのものを食べていても「これはちょっと塩が足りないから、塩を少しかけたらもっと美味しく食べられる」というように、直感がはたらき始めます。

恋愛もおなじです

恋愛もおなじです。

見えないものが見えるようになるためには、自分でやってみることしかない。つまり、身も蓋もない言い方になりますが、いっぱい恋していっぱい失敗しないことには、その男がどういう成分でできているのかが、イマイチよく見えてこない。

小麦粉をどれくらい火にかけると、トロリとした美味しい感じのホワイトシチューになるのか、ということだって、何回も失敗を覚悟のうえでやってみないと分からないように、恋もやってみないと、あなたの持つ「見えないもの」と、彼の持つ「見えないもの」が、いつ、どういうタイミングで化学反応を起こすのか、分からなかったりしますよね。

恋愛は見えないものが支配しています

恋のハウツーは山のようにあっても、万人に効果のあるハウツーがこの世に存在しないというのは、そういうことです。

つまり、人の数だけ化学反応の方程式があるということです。

だから、とにかく失敗を恐れないで恋をするしかないということです。

が、それでは不親切な答えだと感じる人もいるでしょう。

そういう人は、恋愛以外の場所で、いろんなものの「成り立ち」を知るようにしてみてはいかがでしょうか。

直感を磨く方法はこれ!

たとえば先に挙げた料理は、それを自分で作ると「その成り立ち」が分かりますよね。

ほかにも、たとえば……ちょっとしたトートバッグを、ミシンで自分で作れば、成り立ちが分かります。

ちいさな植物を部屋で育ててみても、植物のことがよく分かります。

すべてにおいて「どうできているのか」を知るクセをつけると、見えないものが見えてきて、人生はおもしろくなってきます。

生きていることにおもしろさを見つけると、自然とそれがその人の魅力になって、知らず知らずのうちに男子が寄ってきます。

男子の持つ直感と、あなたの持つ直感が、すばらしい化学反応を起こす瞬間です。

人はその有り難い事実を「運命の人と巡りあえた」と言います。


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…