「もしかして、オレの金目当て?」と思わせる女性の特徴

記念日や節目の日など、カップルにとって特別な日のディナーやプレゼントにこだわる人は、イタリアでも少なくありません。

© papa – Fotolia.com

最近、年上の彼女と付きあいはじめた知人男性がいます。彼と電話で話した際に「記念日でもないのに、デートのたびに特別な何か(プレゼントや外食など)がないと機嫌が悪くなるんだよ。これじゃ、金が続かない」というグチを聞かされました。

「女を見る目がなかったね…」と内心かわいそうに思ったものです。

彼の本音に気がつかず、そのまま「男が払ってあたりまえ」と相手の愛情にあぐらをかいている女性ほど、後悔する結末をむかえているもの。今回は、そんな女性たちに共通する「残念な特徴」についてご紹介します。

1.「ネイル命!」な女
先日、知人男性にばったり会いました。前に彼と会ったときに美人からアプローチされたことを自慢していたので、「彼女とはうまくいってる?」と聞いてみました。

すると、顔色が変わり、「正直、思い出したくないよ」と苦笑い。1か月ほど付きあってみたものの、彼女のネイルへのハマりっぷりに引いたといいます。

「デートのたびにちがうネイルで現れるのは当たり前。ネイルがダメになる、という理由で一緒にスポーツを楽しめないから、旅行や外食を要求されてばかり。彼女の家に行っても、ネイルがはげるのをいやがって料理をしないから、毎回出前だった」とこぼしていました。

しかも、支払いはすべて彼持ち。「こちらが金を使わされてばかりで、がっかりしたよ…」とつぶやく彼を、なぐさめるのが大変でした。

キレイになりたいという女心がエスカレートすればするほど、男性の心はさめてしまいがち。「女性は身だしなみにお金がかかるから、そのほかは男性が出すべき」という発想は、男性からすると身勝手ないい分にしか聞こえません。

過剰な美の演出は、自己満足でしかないのです。ふたりのためを思うのなら、“ほどほど”を心がけるといいでしょう。

2.「靴大好き!」な女
海外赴任から帰ってきた知人男性がいます。「赴任先で付きあった子が隠れ浪費家でビックリしたよ」と、苦い恋バナを聞かせてくれました。

頭がよく清楚な印象の彼女。さりげなく彼を気づかってくれるところに彼がベタぼれしたそう。付きあって最初の半年くらいはいい感じだったものの、記念日ごとに高価な靴をねだられることに違和感をぬぐえなかったといいます。

よく観察してみると、会うたびに彼女がちがう靴(超高級ブランド)をはいていることに気づいたそう。初めて彼女の部屋を訪れたときには、膨大な数の靴箱にショックを受けたという彼。

「この先付きあいを続けたら、いったいどのくらいの額の靴を買わされるんだろう」、そう思った瞬間に彼女への気持ちがさめてしまったそうです。

靴やバッグなどのアイテムは、質がよく長く使えるものほど値段も高くなるものです。

ひとつのものをメンテナンスしながら使う場合はともかく、コレクションのごとくあれもこれも手に入れようとするのはあさましく見えてしまうことも。「自分のお金が目当てなのかも?」と彼に不信感を抱かせる原因にもなりかねません。

買うなら「いいものをひとつ。長く大事に」を心がけて。気に入ったものを大事に扱う姿勢が、彼の心にも響くことでしょう。

「金の切れ目が縁の切れ目」の言葉どおり、お金がからんだ人間関係はいつか破綻するものです。「彼女のよろこぶ顔を見たい」という男心につけこむような恋愛では、幸せな結末は訪れません。

どうせなら、互いによろこびをわかちあえるような恋愛を目指して、ハッピーな未来につなげてみることをオススメします。
 
 
 
(金丸 標)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…