好きの気持ちに甘えちゃダメ?彼と長く付き合うために注意したいこと3つ

好きな人と長く付き合うコツって何だと思いますか?

付き合ったばかりの時は、「彼が好き」という気持ちさえあれば、関係は上手くいくでしょう。

でも、交際期間が長くなるほど、相手に対する遠慮がなくなる分、つい悪いところに目が行ってしまいがちです。初めはあんなに好きだった恋人なのに……。いつしか彼にイラっとしたり、つい口論になってしまうことも。少しでも喧嘩を防いで仲のいい関係を築くには、日々どんなことに気をつければいいのでしょうか?

彼との関係に甘えない

付き合いが長くなるほど、彼と関わる時間が増えることで、何でも言い合える仲になっていきます。おかげで相手への遠慮がなくなってしまい、つい物言いがキツくなったり、冗談でいい加減なことを言ったりすることも。

こうした原因は心のどこかで、彼に甘えてしまっていることが考えられそうです。何でも言い合える関係に甘えて、つい配慮もなく思ったことや感じたことを言ってしまうのは良くありませんよね。

そういった時は、本来の自分たちの関係をしっかりと見つめ直すことが大切です。

そもそも彼と何でも言い合える仲になれたのは、お互いへの信頼がきちんと培われたからこそ。相手のことを認めて、相手と一緒に悩んで考えて……。そんな二人三脚を重ねた結果があって、今の関係が成り立っているはずです。

ですので、付き合った当時の気持ちを忘れずに。彼のすごいところ、恋人として支えたいところなど、本来の自分たちの関係をくれぐれも見失わないようにしたいですね。

相手を想う気持ちをしっかりと表に出す

付き合い当初はドキドキしていた彼への気持ち。でも、付き合いが長くなるにつれて次第に、ふたりの関係は落ち着いていきます。とはいえ、それはイチャイチャのレベルが収まっただけで、相手への愛情が薄れたわけではないはず。

実際、相手から愛されている実感がなければ、例え付き合いが長くても不安になってしまいますよね。

そのため、相手を想う気持ちはしっかりと表に出してあげましょう。それこそデート中、人の目を盗んで彼の手をギュッと握ってあげたり、彼の好物をそれとなくプレゼントしてあげたり……。

些細な行動でも、あなたが彼のためにしてあげた、という気持ちが何より大切です。こうした行動をきちんと取れれば、彼は愛情を実感し、あなたに対する愛らしさも持続されるでしょう。

おわりに

好きの気持ちを少しでも長く持続させるためには、ふたりで居心地のいい関係作りをしっかりと行うことです。そのためには相手に対する思いやりを、日頃から意識することが大事になってくるでしょう。

彼との付き合いに不安になってしまった際は、ぜひこれらのポイントで一度彼との関係を見直してみてはいかがでしょうか?

 

Photo by espada842


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…