科学的に検証!“男女の友情は成立するのか”問題

男女の友情は成立する?しない?よくガールズトークでも話題になるテーマですが、実際のところはどうなのでしょうか?今回は筆者がふと気になったので調べてみました!


生物として考えると“男女の友情は成立しない”

生物として考えると“男女の友情は成立しない”

生物としてのそれぞれの役割では男性=多くの子孫を残すこと、女性=より優秀な自分の遺伝子を残すこと、になります。この切り口からいうと男女の友情が発生したところで、それぞれの役割を果たすことはできません。つまり生物としては不自然ですので、「男女の友情は成立しない」ということになります。


男の人はこう思っているらしい

男の人はこう思っているらしい

男性はそもそも「女性として興味がなければ友達にもなれない」と思っているそう。心理学的にみても、男性のほうが勘違いしやすい生き物らしいのです。今は友人としてバランスが保たれていても、密室で二人きりになるなんてシチュエーションになれば一線を越えてしまう可能性は大。それに対して女性は男性ほど異性の友達に魅力を感じないとのこと。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
男女間でこの認識のズレがあることにより、恋愛は発展しやすいのですが男女間の友情を育むとなると中々難しそうですね…。また、異性と友人になりたい場合は“感じ方が異なること”を頭に入れておいたほうが上手く立ち回れそうです。

〔PR〕乾燥肌の原因とは…?

Photo by fotolia