ひさしぶりの恋のすすめ方〜運命の出会いから結果が出だす中期編〜

今までに「表現」を教えて来た人達の数は1,000人以上
その中には恋愛の悩みを持つ女性達も多くいらっしゃいます。
そんな、ボイス&表現トレーナーとしての経験を生かし、悩めるアラサー女性達にたくさんのアドバイスが出来ればと思っております。

さて。前回は、「ひさしぶりの恋のすすめ方~運命の出会いから数週間の初期編~」をご紹介させていただきました。皆様客観的に分析できましたでしょうか。今回は「ひさしぶりの恋のすすめ方~運命の出会いから結果が出だす中期編~」をご紹介いたします。

miho 久しぶりの 中編

ステップ1:運命の出会いから一ヶ月目は結果の時期

出会いからだいたい一ヶ月くらいのこの時期。
すでにカップル成立チームもできはじめるような時期ですね。そう、一ヶ月ってある意味結果の時期。ここでは、ラフにご飯に誘ってみましょう。いついつね。という正式なデートというよりは、「今夜ひま? 」とか「明日の夜ひま? 」など近々に誘いましょう。理由は彼にあまり重くとらえさせないためです。考えさせてしまうと向こうも慎重になりかねませんので。あくまでラフに。その時の気分で決めてもらってください。

ステップ2:デートは楽しむ!

ご飯にいけたらそこでは会話や空気感を楽しむこと。これがステップ2のミッションです。ひさしぶりの恋をしている皆様はやや考えすぎて不安になる傾向があります。その場合、緊張感から会話がからまわってしまったり壁をつくってしまいがち。それだと彼も楽しめません。普段のあなたで彼との時間を純粋に楽しむようにつとめましょう。

ファッションも、この時点では普段の自分らしいものがよいですね。へんにモテ服などでむりしてしまうとさらに緊張してしまう可能性も。ありのままのあなたを見せることをこわがらないで。

ステップ3:視野を広げて「ちょっと気になる男性」をつくる

2人きりでご飯にいけたのならば、あなたの気持ちもどんどん高まるでしょう。彼が同じ気持ちであれば嬉しいけれど……。相手の気持ちは分からないから不安になりますよね。そんなこの時期。驚くかも知れませんが、「ちょっと気になる男性」を2、3人つくることをお勧めいたします。これは、本命相手に視野が狭くなることを防ぐ作戦です。視野が狭くなってしまうと相手の一挙手一投足にいちいち反応してしまいますからね。それだと自分も苦しいし、相手からもあまり好意的に見られません。バランスを保つため……。モテる女性はけっこうあたり前のようにやっているこの恋愛技。是非お試しください! 

中編のまとめ

いかがでしたでしょうか? 出会ってから1,2ヶ月の時点はある意味結果が出る、あるいは出そうな時期。まだカップル成立とまではいかなくてもカップルになれそうな予感は持っておきたい時期ですよね。もし悩みすぎそうになったらステップ3の恋愛技を(笑)

次回はラスト。「ひさしぶりの恋のすすめ方~後期編~」に続きます!

Let’s enjoy romance!!

 

Photo by Hammad Hassan

ヒナタの他の記事を読む