簡単!恋に臆病な人のための傷つかないお誘いメール3選

出会いはあっても次に会う機会がないという悩みはありませんか?その理由には、相手の仕事が忙しそう、なかなかデートに誘ってくれないなどが挙げられます。しかし、本当の理由は「誘って断られるのが怖い」という気持ちなのかもしれません。誰だって傷つくのは嫌ですよね。しかし、このまま待っていてもチャンスはこないかもしれません。ならば誘われるチャンスを自分でつくってしまいましょう!

スムーズな上に誘っていることに気づかせない「お誘い方法」をご紹介。誘っていることに気づきにくい方法なので、傷つくこともありません。さらに返信次第では、あなたに脈があるかも判断できちゃいます。恋に臆病になってしまう・・・そんな悩みを抱えるあなたにおすすめです。

 

賢く、さりげなく、クエスチョンで「傷つかないお誘いメール」を作成!

傷つかないお誘いメールを作成するために大切なのは「賢く」、「さりげなく」、「間違える」3つのポイントです。メールがなんとなく続いている場合は、そのままの流れで送信できます。もし、メールが途切れている久しぶりな状況で送っても不自然ではありません。3つのポイント別に傷つきたくないあなたのためのお誘いメールの作戦をご紹介します。

男性からモテる性格って?今すぐ激モテする性格

①「賢く」傷つかないお誘いメール

まずは「賢く」のポイントの方法です。

この方法は既に会話が弾む間柄で、彼の住まいが分かっている人におすすめ。会社帰りや休日に「○○さんって○○の近くに住んでいるっていっていましたよね?その辺りに美味しいお店ありますか?」と聞いてみましょう。この方法では、理由があって彼の自宅近辺に行く予定があるとアピールできるのが利点です。

クエスチョンマークがあるので、だいたいの男性は返信をくれるはず。住まいの地域周辺でご飯を食べようと考えていると知れば何らかのアクションが期待できます。住まいの地域であれば、わざわざ出向くという面倒くささも回避してくれるので賢く食事に誘導できるかも⁉

もし、あなたに好意があれば「一緒に行こう」「今仕事だから時間が合えば食事どうですか?」などの誘いがあるはずです。ただお店を紹介してくれるだけであれば「ありがとうございます!」とだけ返信すればいいのです。

あなたが「一緒に食事どうですか?」と誘っているわけではないので、断られる心配はありません。作戦が失敗してもダメージが少ない上に、あわよくば一緒に食事ができる便利な方法です。

②「さりげなく」傷つかないお誘いメール

次は「さりげなく」のポイントの方法です。

彼の休日が分かっている場合に使えます。休日は熱中している趣味があればスケジュールの空きは期待できませんが、リラックスに使っている人も少なくありません。
休日の少し前あたりにさりげなくメールを送り、休日の過ごし方を聞いてみましょう。アクティブに動いている相手には、「趣味があって素敵ですね。私はいつもリラックスしているだけです」など、インドア派な相手には「私も同じです」など時間が空いているアピールをしてみましょう。

このメールでは、さりげなく暇をアピールし予定が空いていることを伝えます。好意を抱いていてくれれば、そのまま「では食事に行きましょう」と返信がくる可能性が高くなります。もし、誘われなくてもメールを続けるきっかけになります。直接、誘っているわけではありませんので「ごめんなさい」と断られる心配もありません。

③「間違える」傷つかないお誘いメール

最後は「間違える」のポイントの方法です。

この方法は一度きりのチャンスになります。その方法は友達に送るつもりで作成したメールを彼に送ってしまった設定計算メールです。
「今日暇?食事行かない?」といった内容のメールを送信します。この内容なら休日でも仕事後でもスムーズです。その後、時間をおいてから「ごめんなさい。友人に送るメールでした」と再送することを忘れずに。すぐに送ってしまうと相手に考えさせる時間が与えられません。また、普段彼と話す口調でない、女の子に送る用の絵文字ありメールだとより自然になります。

そのままスルーされる可能性もありますが、「私も暇です」と返信がくるかもしれません。この方法は返信がくればラッキーくらいに思っておくといいでしょう。もしも、「ごめんなさい。用事あります」と返信がきても「ごめんなさい。友人に送るメールでした」と誘ってないアピールができます。

今回のまとめ

どの方法も食事にこぎつけられれば好意を持っていると思ってもいいでしょう。断られる可能性を考えると自分から誘えない方も少なくないですよね。そこで、ぜひ使ってほしいのが、今回の3つの「傷つかないお誘いメール」です。普段デートに誘ったことのない方でも、断られる可能性がなければ自信をもって送れるはず。もしかしたら、彼も誘うチャンスをなくしているのかもしれません。なかなか会う機会を作れない方は、ぜひ使ってみてくださいね。

 

(writing by hitomi)

 


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…