独身男性に聞いた「結婚できる女性」の判断基準とは?

「あなたが思う“結婚できる女性”の判断基準はなんですか?」

横を向く女性

© contrastwerkstatt – Fotolia.com

この手の質問についての女性の意見は雑誌やインターネットでもよく見ますが、男性のリアルな意見はどうなのでしょうか。そこで私の周りにいる27~36歳の独身男性にアンケートをとってみました。

1.環境が変化しても、それを楽しめる順応能力がある
結婚をすれば、いままであなたがしてきた生活はできなくなります。時間やお金の使い方もすべて変わります。よいこともあれば、悪いこともありますよね。環境の変化を楽しめる感覚が、とても大切のようです。

2.働くことが好き
「男は働く」「女は家を守る」時代は変わりました。もちろん現在でも、女性が家庭に入ることを望む男性もいることでしょう。

しかし、私が以前読んだ雑誌の記事によると、「女性には結婚をしても働いてほしい」と思っている男性は、その記事のアンケート回答者のうちの7割弱にもおよびました。

「専業主婦になりたいから結婚したい」と思っている人よりも「結婚してもできるかぎり仕事を続けていきたい」と考える女性の方が、輝いて見えるというのです。今回のアンケートの回答には、こんな意見もあったくらいです。

そもそも仕事をやめる理由がわからない。(29歳/塾講師)

3.人見知りを感じさせない対応力がある
「人と話すことが苦手」「人とかかわることが苦手」「集団行動が苦手」「なんとなく人を避けてしまう」、そんな人は多くいることでしょう。

しかし、結婚すれば、夫の友人とも顔を合わせる機会が出てくるもの。人見知りを理由に、自分の友人との付きあいを拒否されるのは困ると考えている男性も多いようです。

・奥さんが自分の友人たちとの関わりをシャットアウトしてしまうのは困る。周りの環境や人に支えがあって、夫婦の関係性が築きあげられていくものだと思うから。(33歳/営業)

・仲良くなってほしいまではいわない。でも、人見知りとは思われない程度に付きあいをしてほしい。(35歳/美容師)

これらは一例にすぎませんが、私がもっとも印象に残ったことは、男性の「女性が仕事をすることに対する考え方」です。男性は、女性に経済力を求めているわけではなく、家庭以外にも自分の居場所をつくってほしいと考えているのだそう。

「もし家庭でつらいことがあったとしても、仕事に救われることもあるから」という意見に、なんだか納得させられました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
 
(内藤 里奈)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…