まちがった“結婚相手選び”をしないためにチェックすること【女30からのシアワセ道 vol.17】

「できる限り早く結婚したい」と考えているオーバー30の女性は、時間がないと焦っている人が大半です。時間がないからこそ、相手選びは慎重に、そしてまちがったりはしたくないと強く思っているのではないでしょうか。

街を歩く女性

© kichigin19 – Fotolia.com

では、まちがった相手選びとはなんでしょうか。具体例を挙げればきりがありませんが、仕事で恋愛相談を受けてきて、わたしが実感しているのが、以下に当てはまる男性です。

■恋人との関係を自然消滅させた経験がある
これは、自然消滅「させられた」側には当てはまりません。そして、元恋人からDVなどの被害を受けた、ストーキングされたなどの異例も除きます。

2年ほど前からでしょうか。「彼に関係を自然消滅された」と嘆く声が、なぜか20代半ばから30代後半の女性たちから激増しました。彼女たちはまず、彼からの連絡がどんどん減っていくことに悩み、そしてついに連絡が来なくなって相談を寄せてきます。

これも恋愛相談を受けつづけてきてわかったことですが、基本的に女性は恋人から別れを告げられたとき、その理由を対面ではっきりと聞きたがるものです。

自然消滅されるという形では理由がわからないため納得できず、相手に気持ちが残ってしまいやすくなるのです。そして、貴重な時間を浪費してしまうのです。

関係が浅い段階で、男性に過去の恋愛のことをたずねたとしても、「自然消滅させた経験がある」などとは答えないと思います。

ただし、自然消滅「させた」経験者の共通点を把握しておけば、まちがった相手選びを事前に防ぐことは可能でしょう。その共通点が次にあげる項目です。

■問題を解決せずに先送りするクセがある=“逃げグセ”がある
自然消滅「させる」側の人間は、別れたい理由を告げるという面倒なことを避けたがります。そのため、問題を放りだして逃げてしまうのです。

“逃げグセ”を持っているかどうかは、日ごろの言動でわかります。女性側が問題を解決するため話しあおうとすると、「いまはそういうことを話すときではない」「そういうむずかしいことはわからない」などといいわけをして、問題を先送りするのです。

“逃げグセ”のある男性と結婚すると、苦労することが目に見えています。面倒くさいことから逃げるということは、女性側に負担が強いられることにつながります。結婚式や義実家・親戚付きあい、家事、子育て、金銭面、老後…あらゆることが女性にのしかかることも想像に難くないのです。

ですから、自然消滅させられた女性から相談を受けるとわたしは、「別れて正解だった」と伝えています。“逃げグセ”があるかどうかは、みなさんもきちんとチェックするようにしてくださいね。
 
 
 
(内埜さくら)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…