男性は手をつなぐことが嫌い?男性が本能的に求めてしまう隠された気持ち・・・

そらです。
あなたは好きな人と歩くとき、手をつなぎますか・・・?
「好きな人と手をつなぐ」たったそれだけのことなのに、とっても幸せな気持ちになりますよね。
心が落ち着いたり、安心したりと、幸せな感覚を体験できると思います。
ある意味、好きな人と手をつなぐことは、心を安心させる処方箋でもあるということです。

「手と手をつなぐ」なんとも不思議な力を持っていますが、女性にとって手をつなぐ行為は、「キスをしたり」
「抱き合ったり」と、同じくらい特別な愛情を感じとれる瞬間でもあるのです。

それでは、どうして女性は、好きな相手と手をつなぎたいと思ってしまうのか?

今回は、女性が手を繋ぎたくなってしまう心理、そして男性が手をつなぐ行為に対して、どうのように感じているのかを触れたいと思いますね。

女性は、好きな人に手を握られるとストレスが軽減する

女性は、どうして好きな相手と手をつなぎたいと思ってしまうのか?

それは、好きな相手に手を握られると、ストレスが軽減するということが実験結果をもとに証明されているのです。
その理由として、手にはたくさんの神経が集まっているため、触れたり、重ねたり、つないだりすることで心の揺れを安定させるというのです。
しかも、女性は男性より感受性が豊かな分、手と手を触れ合うことでたくさんのことを感じ取り、心の不安を取り除くことができるというわけなのです。

だからこそ、女性は無意識に不安な気持ちを解消するために、手をつなぎたいと思ってしまうのですね。

男性は、手をつなぐことより密着度を求める

では、男性はどのように感じているのでしょう?

個人差はありますが、基本的に男性は手をつなぐことよりも「女性から腕を組んでほしい」と想ってしまうものなのです。

これは、男性は女性より「触ってほしい」という感覚的欲求が強く、無意識に相手に求めてしまうということなのです。手をつなぐことより、体の密着度が多い「腕を組む」ほうを、本能的に好んでしまうということなのです。

また、手をつなぐ行為は、男性、女性、どちらからでも出来ることに対して、腕を組むことは、男性からはできません・・・。女性のほうから組むことが、一般的で自然な流れなのです。

この辺りも、男性として、オス的強さを体感できたり、優越感につながってくるからだと言われています。

おわりに

今回は、「手をつなぐ」「腕を組む」この選択について、男女が求めるものが違うということを分かってもらえたかと思います。しかし、この男女の心理の違いを知ってしまうと、少し残念な気持ちになってしまいますよね。

手をつなぐことを求めない男性に対して、これからどうしたらよいのか?

この男女の心理を理解していれば、そのときの状況や感情のバランスに合わせて「手をつなぐ」のか「腕を組む」のか、この2つの選択の判断を寄り添い選ぶことが出来ると思います。

男性を立ててあげたいときは腕を組んであげ、特別なデートや記念日のときなど、女性の気持ちを優先させたいときは手をつないでもらいましょう。

2人で話し合い、お互いの心が満足出来るような環境づくりを心がけることが、2人の絆をより深めると思います。

このように、男女の無意識に眠る想いは、いつもすれ違うことが多いのです。

だからこそ、心境を伝え合うためのコミュニケーションだけではなく、男女の心理を知っておくことが恋愛を長続きさせるためのコツということですね。


この記事どうだった?

7いいね!

2うーん…