これって恋!? あなたが思わず本命だけにしてしまうコト

タイトルだけみると、「え? 自分の気持ちなのに本命か分からないの? 」と驚く人も多いかも知れません。
しかーし!! 意外と自分の気持ちを知らない女性って多いんです。恋愛が苦手だったり、ひさしぶりだったりするとなおさら自分の気持ちってわからないもの。

そこで、思わず本命だけにしてしまうコトをご紹介いたします!!

話していると笑顔が増える

笑顔は心と直結していますからね。正直ですよ、なによりも。好きな人の前だと笑顔が増えます。これは自然なことですよね。だって心が喜んでいるんですもの。あなたが気づかなくても心は正直に「この人といることが楽しいんだ」って認めているわけです。

まっすぐに顔が見れない

はじめてのデートが対面式の座席よりも、カウンターで隣り合わせの方が嬉しいのは筆者だけでしょうか? (笑)好きな人の顔をまじまじと見ることは恥ずかしいですよね。だから、まっすぐに見れなくなっているのだと思います。決して「彼が苦手だから」とかの理由ではないはず。

ちなみに、男性達は最初からがんがん目をみられるよりも、少し目をそらすくらいウブな女性の方が好きみたいですよ(笑)

彼の前だといつもの自分らしくできない

「なぜか自分らしくいられない!! 普段はもっと明るくて楽しい性格なのに!! 」って思うことありませんか? 他の男性とは自然に振る舞えても、好きな人のまえだときゅうに借りてきた猫のようになっちゃう。器用ではない、不器用なタイプの女性に多そうですね。

なにを話していいかわからなくなる

自分らしくできないのと同様、話す内容も好きな人の前だと考えてしまいます。あれを言っていいものか、これをいったらマイナスにならないか、などなど。
このため、お互い好き同士だったとしても、会話が盛りあがらなかった印象を持つ最初のデートは多いんですよね。好きな人を前にすると男女ともに色々と考えすぎてしまう様です。

どこにいるか目で追ってしまう

これは自分ではわかりませんね。人に指摘されることで気がつくことです。
誰かから、「最近あの人のこと目で追ってるよね」などと言われだしたらそれはもう、あなたの中で彼の存在が大きくなっている証拠。

会える日はファッションやメイクにも力がはいる

出かける前、心が弾んで「なにを着ようかな」とワクワクしている自分がいたらそれはですね。彼にすこしでも可愛い自分をアピールしたいという心のあらわれです。しかし、はりきりすぎたファッションにならないように注意。少しゆるいくらいが男性に安心感を与えますよ。

メールのやりとりに絵文字や顔文字を使いたくなる

彼に少しでも、アピールしたい気持ちのあらわれです。「自分はあなたとメールのやりとりができて幸せ、楽しんでます。」という思いを伝えようとするのでしょうね。どうでもいい人ならば、絵文字や顔文字は最低限でOK。しかも悩まず即返信です(笑)

好きな人であれば色々と返信内容悩みますからね、時間もかかるでしょう。でも、それって男性側も一緒。だから、即レスがこないからといってへこまなくても大丈夫かもしれません。

まとめ

いかがでしたか? あなたはいくつ当てはまりましたか?
もし全部当てはまったのであれば、あなたは彼に恋をしているのだと思います(笑)もしあまり当てはまらないのであれば、まだまだ本命にまでは至らない……、もしくは、筆者が想定するパターン外の女性なのかも(笑)

 

PHOTO BY Visit St. Pete/Clearwater


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…