年を重ねるほど“輝く”アラフォー女性になる秘訣とは?

年を重ねても、いえ、むしろ年を重ねることで魅力的になるには、内面的な輝きが重要です。どんな内面があれば魅力的に見えるのでしょう。

■自分の過去を隠さず受け止める
誰にでも隠したい過去はあるものです。でも、自分の軌跡を「隠す」ことは、メイクをするようなもの。年齢とともに、だんだんごまかしが効かなくなるのは、お肌も、心も同じ。基礎化粧品で手入れしたり、食べ物でカラダのなかからキレイにしたりするように、心の場合は自分の過去としっかり向き合って受け入れることが大切です。

罪悪感を感じていることがあるなら、何年経っていても謝罪の手紙を書いてみましょう。いじめられていた学校など、 悲しみを抱えた場所に出向いて自分がどう感じるか闘ってみるのもひとつの方法です。胸のうちをブログに書いたり、友達やカウンセラーに話すことも一つの方法です。親子の確執、性被害、暴力などの場合は無理をせずに専門家に相談してみて。

過去は過去。「それがあったからこその、今の私」「格好悪い自分も全部ひっくるめて私」と受け止めることができる人はキラキラしているはずです。

■不幸より幸せを見つけることができる
「大きな悲しみ」をしっかり乗り越えることができると「幸せ」の見つけ方が上手になります。苦労してきたアラフォーは柔軟だったり、優しかったりするものです。でも、しっかり感情を味わい乗り越えるのではなく、ごまかして蓋をしてきた場合、マイナス感情の塊が残ります。そこに響くものに対して、批判や愚痴を言いたくなります。

批判や文句の多い人は、それだけ自分のことをまだ好きになれていないのです。

傷を無くすことは困難ですし、完全に消し去ることは不可能でしょう。でも、軽くするのは自分次第。

前出の方法でクリアにすると同時に、起こった出来事を「良い解釈」ができるよう「想像力」を鍛えましょう。異文化に触れたり、海外の映画や物語を見たりして、いろいろな考えに触れましょう。苦手だと思っている人の言動には、だいたい理由があるものです。

また、毎日「小さなラッキー」を1つ書き出してSNSに投稿するのを習慣にしてみるのもいいでしょう。「不幸中の幸い」を見つけ、「私ってラッキー!」とつぶやいていると、本当にラッキーなことが増えてきますよ。

■人を変えずに環境や自分を変える
「こんなにがんばっているのだから、彼にも変わってもらいたい」という意見をよく聞きます。でも、他人を変えることは困難です。血の繋がった親子でも「理解できない部分」を持ち合わせているものです。

十人十色。わかり合えないのは当たり前。それに、自分にだって欠点があるのに人に成長を望むなど、よく考えてみたら厚かましいことかも。

相手を変えるより、自分や環境を変えましょう。人間関係がしんどいなら、配属を変えてもらえるように異動願いを出す、転職する。軽いストレスならば「自分を鍛えるチャンス」と受け止める……など、自分(受け止め方)や環境を変えることで対応していける「柔軟さ」を持ちましょう。

■自分の判断基準を持っている
10~20代の女子の話を聞いていると、どんなブランドやファッションを身につけているか、どんな彼氏か、どんな仕事をしているかで、人を判断しているようです。

それは、判断基準が「自分」ではなく「他人」だということ。「人にどう見られるか」が気になっているのです。親の考えに振り回されている人も同じです。人の価値観に振り回されることは、年齢を重ねるうちに卒業したいものです。

□アラフォーで未婚だから「寂しい人」だと思われてしまう
□バツイチなんて恥ずかしいから絶対に結婚に失敗したくない
□お母さんが喜んでくれる人と結婚しなきゃ

そんなふうに他人の目を気にしていると、いつまでもチャレンジができません。年を重ねてもキラキラするには、自分自身を楽しませてあげることが大切。そのためには「自分がこうありたい」と思うことを、周囲を気にせずどんどんやっちゃいましょう。自分が輝くことで恋愛は何歳でもできますし、自信が持てると周囲の眼も気にならなくなります。

■内面に「誇り」を持ちつつ「謙虚」でいる
キャリアを持ち自信がつくと、知らない間に態度が横柄になることはあるものです。でも、鎧をまとった偉そうな人は、やっぱり魅力的には見えませんよね。

自分の内面にしっかり軸を立てていれば、人の意見に左右されたり、付け入られたりすることも無いはずです。内面に軸がないから、外側に鎧を着なければならないのです。

内面に「自己肯定感」や「私らしさ」を持つことができれば、堂々と笑顔で暮らせるはずです。そのうえで「謙虚さ」を忘れずに。謙虚さがあるということは、「隙」があるということでもあります。人を受け入れる体勢でもあるからです。

仕事上、仕切る立場なら、せめてプライベートで「弱い自分」を見せられるだけの強さを身につけましょう。

いかがでしょうか。自分らしく、自然体で、自分の人生を楽しんでいるアラフォーは、彼氏の有無、未既婚を問わず、キラキラしてモテるはずですよ。

【藤嶋ひじりの恋愛コラムガイド:藤嶋 ひじり】


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…