堺雅人もベッキーも番組は絶好調

10日から放送されたNHKの新大河ドラマ「真田丸」の平均視聴率がわかった。

ビデオリサーチ社によると関東地区で19.9%。関西地区で20.1%だったという。

昨年放送された大河ドラマ「花燃ゆ」の初回は16.7%と最悪のスタートだったのでこの視聴率で関係者はみんなホッとしているだろう。

ちなみに2013年に放送された大河ドラマ「八重の桜」の21.4%の次にいい視聴率になる。

10日は3連休の真ん中の日。

自宅で過ごしたお年寄りが多かったことも影響していると思われる。

これは他の番組にも表れており先週話題になったベッキー(31)が出演したフジテレビ系番組「にじいろジーン」の視聴率は7.4%と前週より2%以上も上昇した。

 

今回の大河ドラマで主演しているのは俳優の堺雅人(42)。

好発進をこのまま維持できるかが問題だろう。

ガルタメ芸能学園:会長中島


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…