受身はNG! 社内恋愛が成就する3つの「きっかけづくり」

どんな恋愛においても、片想いから進展するための“きっかけ”が存在します。

もちろんそれは社内恋愛においても同じ。きっかけづくりに関して言えば、日常的に会える社内恋愛のほうがそのチャンスは多いかもしれません。

例えば、社内の「ただの同僚」から「恋愛感情を抱く相手」に発展するきっかけのひとつに、「仕事をしている姿を見て……」ということが挙げられます。「それまでは何とも思っていなかったのに、仕事をしている姿を見てキュンときた!」なんてことは実際にあります。これは同じ社内にいなければ見ることのできない場面ですし、他の恋愛にはないきっかけですよね。

……なんて言うと「じゃあ仕事だけを無心に頑張ればいいんだ!」と思われがちですが、ちょっと待ってください。

それは、きっかけのひとつではありますが、ただ仕事をしているだけで恋愛に発展させることはもちろん確率的にむずかしいです。「仕事している姿が素敵!」は、あくまでも相手の気持ちからスタートしているので、相手が自分の仕事姿を「素敵!」と思ってくれなければ進まない……受け身態勢になるわけです。

受け身にならず、社内恋愛特有のきっかけを作るにはどうすればよいでしょうか?

■1.会社の飲み会はきっかけの宝庫
社内恋愛に発展したカップルの多くは、会社の飲み会などがきっかけになるケースが多いです。職場内での姿しか見たことがない人の新しい一面が見られる……このギャップは恋愛の鉄板要素です。

もちろん、仕事中のあなたと180度違う面を見せる必要はありません。

例えば、会社では先輩・後輩や上司・部下といった関係であれば、それをうまく利用して言葉をかけましょう。普段はなかなかねぎらいの言葉がかけられない場合でも、飲み会の席であればどんどん言葉にしてください。

「いつも無理いってるけれど、○○さんのおかげでこの前の案件もスムーズにいったよ」
「照れくさいけど、いつもありがとう」
「○○さんの作る資料は、本当に読みやすくて好きなんだ」

仕事中にはなかなか言えない言葉も、お酒の入った席だからこそ言えることがあります。もちろん、ひざに手を置く……なんてことはしてはいけませんが(相手が好意を示していない限り、セクハラ認定されますよ!)、この手のメッセージを伝えることは相手にとってもうれしいですし、あなたに対する評価もかわってきます。

■2.会社のイベントの担当になる
恋愛というのは、一度に長くいるよりも、短い時間でも毎日一緒にいるほうが恋愛におちる確率が増えてきます。これは「ザイオンス効果」として有名な心理的効果です。

例えばプロジェクトが一緒ではなくても、できるだけ毎日接触することは社内恋愛を発展させるきっかけになります。

一緒にひとつの目標に向かって頑張る人同士は、やはり心が動きやすいです。学生時代に文化祭などで一緒に頑張った仲間や同じ部活内でのカップル誕生率が高いのも、それがきっかけとなっているよい例でしょう。

私が会社員だったときは、社内でイベントがあり、そこから恋愛に発展していた人を何人も見てきました。しかし、そのようなイベントがない会社もあるかと思いますので、そのときは飲み会の幹事であったり、仕事のプロジェクトで一緒……なんて場面をうまく使ってください。

「どれもあてはまらない……」という場合は、まずは挨拶をすることを自分のミッションにしてください。最初は緊張してうまくできないかもしれませんが、とにかく会えたときは毎日声をかけることで自分だけではなく、相手もあなたとの挨拶が習慣化されます。

このように、社内だからこそ毎日会える環境を上手に使うことが、社内恋愛が発展するきっかけになってきます。

■3.残業や休日出勤は、独特の空間から恋に発展する
私も残業や休日出勤をしたことがありますが、不思議なことに、あの時間は通常勤務のときとは違う空間ができていると思います。定時までとは違う、ちょっとフランクな雰囲気に今までは話をしていなかった人と話すことが増えませんか?

「コンビニに行くけど、何かいる人ー?」なんて先輩が言ったので、一緒についていって二人で話を楽しむこともできますし、同じ時間帯に仕事が終われば「ごはんでも行く?」と誘いやすいですよね。

休日出勤も、平日のときとは違い、いつもより気軽な服装で来るので、相手の違った一面を見ることもできますし、周りの目をあまり気にすることなく職場でおしゃべりも楽しめます。

ここでのポイントは、通常業務の時間帯の場合は、周りからの目や仕事への集中で気になる相手への接近は難しかったとしても、業務時間外の場合は、周りも肩の力が少し抜けているため、相手の心にも入りやすくなるということ。

例えば、仕事では少し厳しいと思われていたあなたも、フランクに話せる時間帯を自分で設定することで、ちょっとしたギャップをみせるポイントにもなります。

会社は仕事をする場所。これはどんな場面でもどんな状況でも変わることはありません。しかし、仕事をしているからこそ相手の魅力を知ることだってあります。

社内恋愛が発展するきっかけというのは、仕事をしながらあなたの魅力をみせることができる、ある意味一石二鳥な恋愛なのかもしれませんね。

【片瀬萩乃の恋愛コラムガイド:片瀬 萩乃】


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…