恋に疲れた時の3つの特効薬

年始のバタバタも落ち着いて日々の生活に戻ってきた方も多いのではないでしょうか。いろいろと方針や目標を設定してやる気に満ちているのではとも思いますが、一方で頑張りすぎて疲れてしまった方もいるかもしれません。

今回はそんな時に効く3つのヒントをお伝えします。
お釈迦様(ブッダとも呼ばれます)の教え・智慧を恋愛に取り入れて、釈迦女子(しゃかじょし)を目指しましょう。

恋を一旦外に置いておく

人が何かを意識する時に視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、体感覚(Kinesthetic)のいずれかが強く出てくる傾向があります。VAK理論と良く言われます。Visualが強い人は自分の家の庭に恋の花瓶を出すイメージですが、恋を一旦蚊帳の外に置いておく、そんなスイッチを自分で決めましょう

さとちゃん1

飽きるほど趣味に没頭する

思いっきり好きなことに没頭するように予定表を埋め尽くしましょう。ゴルフのレッスン、茶道、水泳、ジョギングなどできれば「頭」ではなく「身体」を使い、何かを恋愛とは関係無い別の方々と一緒にやるような時間が望ましいです。

時間があると恋愛について考えてしまうのは心と時間に余裕があるから。なので、一旦時間という点については余裕を無くしてみましょう。
やりたくないことで埋め尽くしてしまうと逆効果なので注意してくださいね。

さとちゃん2

恋愛エネルギーの省エネ化生活

携帯電話を使わない生活を1週間してください。パソコンでメールは見れますが、LineやFacebookなど意図的にお休みする期間を設けてください。
実はあなた自身が周りに対して「恋をしている、恋に頑張っている」姿勢を伝えようとすればするほど心のエネルギーが必要になってきます。
恋愛エネルギーの省エネ化の一環としてトライしてみてください。

さとちゃん3

頑張る時は真剣に、休む時はのんびり、恋愛をの付き合い方は臨機応変にしていけるようになりましょう。

合掌

Facebookいいね!, Twitterでのツイートなど大歓迎です☆


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…