「ふとした瞬間に目が合う」男子のホンネ4選

たとえば会社で、ふとした瞬間に目が合う男子は……もしや、わたしの運命のひとか! と思う女子もおいでかと思いますが、それ、当たらずも遠からずであるようです。

今回は、「ふとした瞬間に目が合う」男子のホンネに迫ります。

あなたの意中の彼のホンネは、以下のどれでしょうか? それとも該当するものがないのでしょうか?

さっそくご紹介しましょう。

1:好きです。

「ふとした瞬間に目が合う女子ですか? ぼくが意図してチラ見しているので、目が合えばラッキーと思います。彼女のことが好きだからです」(27歳・IT)

定番にして王道をゆく男子の証言かもしれません。

あなたがチラ見して、よく目が合う、大好きなあのひとも、こんなふうに思ってくれていたらいいですよね。

2:この女子もおれとおなじで暇なのかな

「よく目が合う女子ですか? 会社に何人かいますよ。この女子もおれとおなじで仕事が暇なのかなあと思うだけですが」(28歳・通信)

仕事が暇だと、オフィスでよく目が合うひとがいて、お互いに喫煙者であれば、そのうち「ちょっと一服、行く?」と、目で合図するようになり、喫煙場所でさらに仲良くなる……サラリーマンにありがちなことなのでしょうか?

3:よく目が合うな・・・

「ふとした瞬間に目が合う女子に対して『よく目が合うな』と思いますが」(25歳・建築)

だからといって、この男子が「運命のひと」認定しているかどうか、というのは、また別の話だそうです。ただ物理的によく目が合うなと思っているにすぎないと……。

4:おれに気があるんだろうな

「よく目が合う女子に対して『おれに気があるんだろうな』と思います。でも、ぼく結婚しているんですよねえ」(28歳・自動車販売)

こういうのは「男の勘違い」であることも往々にしてあるわけですが、ここから相思相愛に発展するケースもあるわけでして……(以下省略)。

今回のまとめ

いかがでしたか?

あなたが気になっている彼は、ご紹介した中のどのパターンでしょうか?

不幸にも、「暇な女子なのかな」と思われていたとしても、毎日チラ見を続けていると、そのうち「おれに気があるのかな」と思う……これが、ひとつの王道をゆく「男の子」の内心ではないかと思います。

もし、いつまで経っても、そう思ってくれない男子であれば?

あきらめるしかないでしょう。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…