うれしくないサプライズはいらない!【女性が喜ぶサプライズ3原則】

DAIGO北川景子の人気者同士の結婚で、にわかに明るいムードの2016年年明けでしたね。DAIGOが、あの「超人気ブランド」の2カラットの婚約指輪でサプライズプロポーズをしたことも話題になっています。

「サプライズ」と言うと聞こえは良いけど、サプライズは成功することばかりではありません。結婚相談所で、日々男女それぞれからの話を聞いていると、「実はあまりうれしくなかった」と言う女性の声もよく耳にします。サプライズが、女性にとって嬉しいことばかりでないのは一体なぜでしょうか。男性にも知って欲しい女性の本音を大公開です!

1.さほど彼が好きでない事がはっきりわかる時もある

サプライズは、好きな人からされてこそうれしいもの。彼のしてくれることなら何でも喜べるくらいの信頼関係がないと、全くの逆効果になる事もあります。サプライズとは、感情を揺さぶって感動を呼び起こす作戦。だから、揺さぶられたことにより、色々な感情が明らかになってくることも。最悪の場合、期待と違うことをされてムッとしたり、なぜかうれしくないと感じてしまった正直な気持ちに気付き、別れを決意させてしまうことすらあります。

例えば、まだ付き合う前の人から、不意に花束をもらった時もそう。大好きな人からもらった薔薇1輪なら、うれしくて1日でも長持ちするように飾るもの。でも、好きでない人からもらった大きな花束は「一度も水を変えないままだった」なんて悲しいエピソードもあります。

男性は、花束が好きな女性とそうでない女性がいると勘違いしがちだけど、花束の「好き嫌い」ではなく、花束をくれたその人の「好き嫌い」がはっきり分かってしまう試金石でもありますよね。

2.驚きは喜びではない!

思ってもいなかったような演出で誕生日をお祝いしたり、お店の人も巻き込んで演技をしてもらってのプロポーズも流行っています。例えば、レストランでお食事中に、彼の具合が悪くなり席を立って帰ってこない…店員さんが「お連れ様が…」と慌てて呼びに来て連れて行かれた先で、何と!ジャーン!そこはチャペル!膝まづいた彼がリングを持って待っていたのでした!という一大演出も増えています。

ですが、どうでしょう?「ここまで考えてくれてうれしい!」となれば万々歳ですが、不意打ちをくらったほうの気持ちとしては、喜びよりも驚きで腹が立つ!なんてことにもなり得ます。どちらかというと、女性が喜ぶのは安心さ。プロポーズは「もっとシンプルに普通が良かった」という女性からの声が多いのも事実。人前での演出や、店員さんを巻き込んだ場合には恥ずかしさもあるし、急すぎた場合には戸惑いが先に立つ事も。

サプライズ演出で、後から驚かされることよりも、先回りした小さな「優しさ」「安心」の積み重ねのほうが、実は心に刻まれやすいのも女性の心理。驚きイコール喜びとはならない事も男性に知って欲しいものですね。

3.彼の期待通りに喜べなかった場合のリスク

大切に思っているもの同士、相手を喜ばせたいのはお互い様。サプライズをして喜ばせたい彼と、それを受けて喜んで見せてあげたい彼女。彼がせっかく色々考えてサプライズしてくれたのだから、精一杯喜んであげたかった…。

でも…、何とコメントして良いか困るプレゼントをもらってしまった。ブランド名が書かれていればおおよその見当がつくのだけど、不思議な箱に入っているアクセサリーや、何やらいわれのありそうな縁起物、彼の思い出にまつわるものなど、値段が分かりにくいプレゼントは、何を意図しているのかが分からず、喜びを表現しにくいことがあります。

つまり、それが記念日のお祝いなのか、プロポーズなのか、はたまたタダのお土産なのか、それによって、喜んで見せるスケールが異なってくる訳です。タダのお土産に泣いて喜んだりしたら、収拾のつかない気まずさです。

サプライズを受ける女性側としては、彼の期待する喜び方が出来なかった場合のリスクも常に潜んでいます。「可愛げがない」と思われないか、女性だって気を遣う。だから、彼には「サプライズをするなら、分かりやすいベタなもので」と事前に話しておくのも良いかも知れませんね!

4.究極のサプライズとは!?

さて、では女性が喜ぶ究極のサプライズとは一体どんなものでしょう。上記をまとめてみます。

1、「彼のしてくれることなら何でもうれしいと思える位の信頼関係がある人から」

2、「驚きではなく日々の安心をベースにしたシンプルな方法で」

3、「値段や価値の分かりやすいベタなプレゼントをもらって」

「最高の笑顔で喜んであげる」ことが、お互いにとって思い出に残る究極のサプライズの3原則ということになりますね。3原則に則ったサプライズ作戦で、幸せなカップルが増えますように!

 

Phito by Photol.com


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…