モテるって一体どういうこと?魅力的な女性になるために意識したいこと3つ

「モテる」って一体どういうことでしょうか?

ルックスに目を奪われて異性が集まってくることもあれば、内面の男性らしさや女性らしさに惹かれて、「モテる」こともあると思います。

人によって異性に求めるものは違うため、必ずしもこうした条件に惹かれない人もいるかもしれません。でも、周りが認めるモテる男女は、多かれ少なかれ誰から見ても惹かれるものを持っているはず。

今回はそんモテの仲間入りを果たすために、魅力的な女性になるために日頃意識したいことをまとめてみました。

相手に与える

物事が上手くいかないと、つい考え方がマイナスになってしまいがちです。仕事、人間関係、プライベート、恋愛……。生活をしていれば何かしら不安不満はつきものですよね。

だからといって、それを周りのせいにして「どうせ自分なんて……」と卑屈になっていては、異性の魅力は欠けてしまう一方。問題の解決も難しそうです。

それよりも自分なりに努力して、少しでも状態を良くしようと頑張っている女性の方が、異性として魅力的に映るはず。いわば周りが認めるモテる男女も、そうした不安や不満を乗り越えながら、少しでも自分や周りを良くしようと努力しているのかも……?

人は自分の器量の分だけ、幸せや元気などを与えられるといいます。裏を返せば、人に与えられる異性になるためには、それだけの器量と心に余裕がなければできないのかもしれません。まずは人に与える人になるために、自分を幸せにする努力が大切になってきそうですね。

相手を尊重する

でも、器量を広げ、心に余裕を持たせるには、どうしたらいいのでしょうか……?

モテる男女を見ていると、誰に対しても分け隔てなく接している印象がありませんか? さらにフットワークが軽いことで、周りも話しかけやすく、人気が寄ってくるのかもしれません。

対して人の悪口を言ったり、人を見下したり……。そんなプライドの高い特徴を持った人とは、仲良くしたいと思う人は少ないでしょう。

すでに仲のいい関係であれば人柄がわかっている分、理解もしやすいもの。でも、初対面に近い関係でこれをやってしまうと、相手と距離を縮めることは難しそうです。

一見当たり前のように感じてしまいがちなこうしたポイント。でも、きちんと意識できている異性と、できない異性ではアプローチ力に差が生まれ、当然モテ度にも大きく影響してきそうです。

相手を受け入れる

器量が広いことで、自分と異なる意見も上手に受け止められそう。というのも、つい感情のまま意見をぶつけて、相手の言うことを決めつけてかかってしまうことって少なくないのでは……?

でも、される側にとって、あまりいい気持ちはしないですよね。人付き合いに慣れていれば気にせず処理できても、人によってはちょっとムッとされてしまうことも。

頭では分かっていても、ついやってしまうことって少なくないものです。居心地のいい関係を作るためにも、こうしたポイントにもちょっと意識してみて。

モテるって一体どういうこと?

アラサーになると、ますます内面の魅力が大事になってくるもの。内面の良さを磨いたからといって、すぐさま周りからモテるとは限りません。

でも、自分が変われば周りも変わっていきます。あなたに似合ったいい出会いもきっとやって来るでしょう。

「モテるってどういうことだろう?」と疑問に感じてしまった時は、心を落ち着かせてこうしたポイントを意識してみてはいかがでしょうか。

 

Photo by 怕水的青蛙


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…