男性が「好きだけど告白する勇気がない」ってときにとりがちな言動4パターン

好きだけど告白する勇気がない男性は、好きな女子の前でモジモジしているだけ……
ということではありません。
以下にご紹介する色々なことをします。
知っておくと、「この男性、あたしのこと好きなのかも」ということがわかり、
男女ともにハッピーになれる確率が上がりますよね。
さっそくご紹介しましょう。

■1:やたら目が合う

オフィスや学校、合コンなどで、好きな女子がちょっと遠くにいる場合、男は
気になる女子のことをチラチラと見ます。
やたら目が合う男子に告白すれば、断られる確率は非常に少ないでしょうね。

目が合うということは、女性のほうも、相手を意識しているということですから、
さほど好きでもない男子とやたら目が合ったとしても、実は相思相愛だったりするかも
しれないですよね。

■2:どうでもいい発言が増える

告白する勇気がない男子は、どうでもいい発言が増えます。
学校のクラスメートに気になる女子がいて、でも告白する勇気がない……というとき、
教科書、貸してよ」とか「シャーペン貸して」という男子っていましたよね?
オトナになってもおなじです。
会社の同僚女子に告白する勇気がない男子は、気になる女子が給湯室に行くと、
あとからしれっとついてきて「コーヒー、薄いと思わない?」とかなんとか、
ど~でもいいことを話したりします。
男、暇なのかね?

■3:自虐ネタが増える

告白する勇気がない男子は、どうやって告白しようかということで頭がいっぱいなので、
会話のネタが乏しくなりがちです。
自分のことばかり考えているので周囲が見えていないものです。
そういうときはたいてい会話に詰まってヘンな沈黙が生まれ、その沈黙に緊張して、
つい自虐的なネタをポロっと口にしたりします。

■4:家族の質問をしてくる

好きな女子のすべてを知りたい!
これが告白する勇気のない男子の気持ちです。
よって、何人姉妹なのか? とか、実家はどこにあるのか?
とか、探偵のようなことをうっかり(?)質問しちゃうこともあります。

「この男、あたしのことを根掘り葉掘り聞いてきて、失礼なヤツ」って思うような男は、
あなたに気があるということです。

いかがでしたか?

男女ともに告白する勇気がない人はたくさんいますよね。
でもご紹介したような男性の特徴を知っていると、相手も私のことが好きみたいだから
告白しても大丈夫かな?
というかんじで、自信を持って恋をすることができるかもしれません。
恋に必要なものは勇気よりもテクニックなのかもしれません。

Written by ひとみしょう

ひとみしょうの他の記事を読む