「自分から行けない」と言う女性に対する男性の本音

好きな人ができても、自分から積極的にアプローチできる女性は少ないかもしれません。「彼は私を受け入れてくれるかな?」「引かずに仲良くなってくれるかな?」と不安を抱いて、嫌われるよりは遠くから眺めていたいと思う気持ちは、誰にでもあるはずです。

でも、だからといって、堂々と「私は、自分から行けないタイプなんで……」と公言している女性は、どうなんでしょうか? 一見すると謙虚というか、恥ずかしがり屋のようにも見えますが、実のところ男性はどうとらえているんでしょう?

今回は、自分から行けないと周囲に言う女性に対して、男性はどんなイメージを持つのかを見ていきたいと思います。

好印象を与えているわけじゃない

自分から好きな人に向かっていけないという発言に、言う本人は『謙虚で慎ましやかなオンナ』というイメージを持つのかもしれませんが、男性にとっては必ずしも好印象を抱く発言ではなさそうです。女性の容姿や普段の言動にもよりますけど、プライドが高そうだとか、面倒くさそうなタイプ、などと思われている可能性が高いでしょう。

なぜなら、「自分から行けない」とはつまり、男性の耳に「アタシのためにアンタが動いてよ」と聞こえているため。聞きようによってはかなり傲慢なセリフになるので、好感度は決して良くありません。

先日、あるモデルが恋愛観を問われて、まさに「私は自分から行けない人だから……」と答えていたんですが、抜群のスタイルと容貌を持つ女性がそう言うならまだしも、見た目が十人並みの普通女子が言えば、男性は心の中で「何様のつもりだ?」と呟くかもしれません。そこまでいかなくても、「こういうタイプを好きになったら面倒くさいな」と思うはず。男性側が必然的に動かなければならなくなるので、彼女候補にすれば間違いなく手間がかかります。誰もが嬉々として、じゃあボクが行ってあげよう! とは思えないのです。

草食男子は「ボクも自分から行けない」

今どきは、好きな女性ができたからといってガツガツしない草食系男子が増えていますから、男性側にも自分から行けないタイプが多いといえます。そのため、やたらと「私は行けない」アピールをすると、そもそも恋愛対象から外されてしまったり、恥ずかしがり屋ではなく恋に消極的な人として認識されたりするでしょう。

大勢が集まってワイワイと賑わう恋バナで、あるある話をするならまだしも、自分で自分をカテゴライズするために「私は、自分から行けない人」と主張するのは、何の得にもならないかもしれません。むしろ、恋のチャンスを自ら減らしてしまうはずです。

肉食系男子が好き、というアピール

では、「自分から行けない」のが本当で、恋に消極的だけど彼氏がほしいという場合、どういう言い方をすればいいのでしょうか?

「肉食系男子が好き」「リーダーシップがあるタイプが好み」と言う方が、男性に与える印象はぐんと良くなります。草食系は切り捨てる表現になりますが、自分から行けない女性にとって控えめ男子はそもそも恋愛対象になりにくいですため、切り捨ててもあまり痛くはないはず。

すべての男性に対して、「アタシのためにアンタが動いてよ」と厄介なアピールをするのではなく、対象を限定しても「ガツガツ系が好きだから、ヨロシク!」という好意的な主張をする方が、得は多いでしょう。

合コンや街コンに参加した時は、自分の恋愛スタイルを上手に表現するよう、気を付けた方が良さそうです。

 

Photo by. bilderlabor


この記事どうだった?

4いいね!

7うーん…