「彼、もしかして結婚している?」と思ったら、こう聞こう【女30からのシアワセ道 vol.22】

「彼が結婚しているとは知らずに付きあってしまった…」

カップル

© Martinan – Fotolia.com

こう嘆く女性、じつは想像以上に多いのです。わたしが受けている恋愛相談でも、こうしたメールが何件も届いています。そんな被害にあわないためには、出会った初期段階で独身といつわる既婚男性を見抜く目を持つ必要があります。その方法が以下です。

■彼に疑問を持ったら、笑顔で聞いてみよう
1つ目は、「私がだまされるはずがない」あるいは「この人が他人をだますはずがない」という偏見を捨てること。人はどうしても、好印象を持っている相手に対しては、視点が“あばたもえくぼ”になりがちです。

ですが、「私がだまされるはずがない」と思うときは、それ以前に必ず、相手への不信感がわいているものなのです。だから、「~はずがない」という言葉で、自身の直感を打ち消します。

女性の勘は鋭いといわれていますが、直感を侮ってはいけません。世間を騒がせた芸能人の不倫スキャンダルも、発端は女性の直感だったではないですか。

ですから、直感を否定せず、「彼、もしかして結婚している!?」と疑問を覚えたら、彼に笑顔でこう質問してみることをオススメします。

「“まさか”結婚していませんよね?」

この、「まさか」を冒頭につけることが重要です。「まさか」は、そんなことはありえない、またはとてもできない(だろう)という気持ちが含まれた言葉です。

「あなたはそんな悪いことをする人ではありませんよね?」という意味を持つ「まさか」をつけて、笑顔で聞く。彼がうそをついていたなら、罪悪感を刺激されるはずです。

■もうひと押しして、彼の反応をチェック
そして、さらにもう1プッシュ。「友だちが既婚者にだまされたことがあって、その子、彼を訴えたらしいんですよね~」などと、既婚者だと発覚した際の対処法を知っていることを匂わせます。

独身同士であれば、この会話から逃げだす必要はないので、話が続くことが想像できます。彼が既婚者だった場合、その日は平常心を保ってあなたに接するかもしれませんが、後日連絡がなくなるなど、関係をフェードアウトさせていくことでしょう。

基本的に女性は、体の関係を重ねるたびに、相手への愛情も深まっていきます。だからこそ、深く愛する相手から結婚していると告げられても、なかなか関係を解消できないケースもあるのです。しかし、痛い目を見るのは自分です。

驚くべき例もあります。浮気が妻に発覚した男性が、自分と家庭を守ろうとして、不倫相手をストーカーとして警察に突きだしたというものです。

自分の身を守るのは自分の役目。自分を幸せにすることも自分の役目です。このことを忘れないようにしましょうね。
 
 
 
(内埜さくら)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…