「~ちゃんらしい」の極意Lesson2 ~呪縛に囚われない「あたしらしい」の磨き方~

前回までのおさらいは、男性から「~ちゃんらしい」と言われたら、深く考えず「ありがとう」と自動返信する女子は恋のチャンスを掴みやすいということでした。

でも、相手が気になる男性ならなおさら「『どのあたりが』『どんなふうに』あたしらしいの?」と気になるのは女子のサガですよね。

彼のことが好きすぎると執拗に聞いてしまうのは、完全にダメ恋の流れに足を取られていますので注意しましょう。

「あたしらしい」→「~ちゃんらしい」の必須アイテム

相手が思う「~ちゃんらしい」とあなたが思う「あたしらしい」。どちらを基準にすれば、恋の道に迷わないでしょうか?
 
●アイテム1:色ボケ修正メガネ
できれば「あたしらしい」→誰かの目に「~ちゃんらしい」と映る流れを見出したいものです。これが色ボケすると、彼に映る自分が基準になってしまいます。Lesson1でお話したように、誰かにとっての「~ちゃんらしい」は限りなくイメージであり、当人以外は計り知れないものです。

彼の「~ちゃんらしい」にどれだけ自分を近づけても、歪みが生じます。それなら「あたしらしい」をクリアに抱き、発信しましょう

●アイテム2:「あたしらしい」のイメージ
「あたし、かわいい?」と聞いたとき、彼が「かわいいよ」と応えてくれたにも関わらず、「本当に?」「どこが?」と聞き続ける女子っていますよね。男性がウンザリしているのにその詰問が続く理由は、彼女が自分のことを「かわいい」と思えない限りその呪縛から抜け出せないからです。

「あたしらしい」のイメージを抱く大切さは、彼にコタエをまる投げせず、自分のイメージを選択するところにあります。

●アイテム3:「あたしらしい」の放出は”慣れ“
それがうまくできないから、みんな苦労しているわけだよね? と突っ込んだあなた。そうなの。彼発信の「~ちゃんらしい」に乗っかっちゃうほうが、ある意味ラクだという女子は多いのかもしれないですね。

「あたしらしい」を探すことは自分自身と向き合うことで、ときにパワーが要ります。自分に主権を持つこと……これはもはや“慣れ”なのかもしれません。

呪縛に慣れるくらいなら、「あたしらしい」に慣れよう!

常に人からどう見られているかという「~ちゃんらしい」の呪縛に慣れてしまうくらいなら、「あたしらしい」を放出することに慣れてみませんか。

内面からいくのか、外見からいくかはもちろん自由です。ただ、よりわかりやすいアイテムを使えば、「あたしらしい」と「~ちゃんらしい」の歪みは小さくなります。

そのためファッションは「あたしらしい」を放出するうえで、強力なツールとなる! わたしはショップ店員時代も、もちろん今もそう信じています。

≪次回予告≫
次回からは「ファッションで『あたしらしい』を放出する」というハードルの超えかたを一緒に考えていきましょう。

酒井なるみの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…