本気で愛する人にだけ贈られる『特別なギフト』

そらです。
誰でも感じること・・。

「好き」

この感覚は、生きていくうえで、幸せを感じる瞬間だと思います。神秘的であり、これは人間に与えられたギフトのようなものです。しかし、そんな中、人を好きになることを避け、恐怖として感じる人も中にはいるのです。

彼を好きになって、お付き合いをするということは、その相手と向き合わなくてはいけません。心を開き、あなたの想いを伝え、相手に自分という人を見せなくていけないのです。そのとき、「幸せ」を感じる反面、「傷つく」ことも経験するのです。

人によっては、この傷つくことが幸せという感覚より先行してしまい、彼を好きになることをためらう人もいるというわけです。

傷つくことを恐れ、好きという感情に蓋をする行為。
これは、人生において、幸せを自ら拒否しているようなことです。

今回は、そんな、好きになることを恐れてしまう女性に、メッセージを贈ろうと思います。

物事には何をするにもリスクが伴う

例えば、あなたが買い物に出かけるとしましょう。買い物に出かけるには、外出しなければなりません。
もしかしたら、その移動中に交通事故に遭うかもしれません。他にも、食事をするとしましょう。
もしかしたら、あなたが食べる料理に異物が混入していたり、食中毒になってしまうかもしれません。

ようは、物事には少なからずリスクが存在するということなのです。

しかし、あなたは買い物に出かけるし、食事もします。それは、生活するには必要なモノですし、生きていく為には重要なことだからです。リスクを背負ってでも、それ以上に大きいモノが得られると、確信をもっているから行動するわけです。

実は、人を好きになる行為もそれと一緒だと思います。

確かに、傷つくこともあるかもしれませんが、それ以上に得ることも沢山あります。しかし、それは、目には映らないものだから、確実性がなく不確かなモノだから、傷つく怖さの方が一歩前に出てしまうのだと思います。

傷ついた心を開くことで、幸せが増幅される

恐怖心を打ち消すのはどうしたらいいのか・・?
まず、この恐怖心は、過去に最低1度は傷つく経験しているからこそ、感じることができ、想像できることです。1度も恋愛で傷ついたことがない人は、恐怖として感じないと思います。

では、経験によって刻まれた心の傷は、どうやったら消えるのか・・?

それは、残念ですが消すことなどできません・・・。
この感覚はずっと残り続けるでしょう。一生、あなたのカラダの何処かで眠り続けるでしょう。しかし、この痛みを経験したからこそ、感じる幸せがあるのです。それは、傷ついたことがない人とは、違った幸せです。種類が違うものなのです。

自分を乗り越えようと思った人にだけ「与えられるもの」

この幸せは、傷ついたことがない人には、感じることが出来ない特別な幸せ感。傷ついた人が、さらに自分を乗り越えようと思った人にだけ与えられる『特別なギフト』なのです。だから、傷つくことは悪いことではないのです。恐れてはいけないのです。

まずその前に、傷つくことのない恋愛など存在しません。ようは、人は傷つけ合い、その傷ついた自分を乗り越え、そして幸せを手に入れ、さらに傷つき、また乗り越えの連続です。その繰り返した先にあるものが、本当の幸せです。この特別な幸せを体験するためにも、傷つくことを恐れず、本気で恋をして愛し合っていけばいいのです。

恋愛は、傷つくものです。だからこそ、乗り越えることで幸せはより大きくなっていくのですね。

Photo by theodore moniodis


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…