遠距離恋愛の不安を打ち破る、愛を貫く鉄則

そらです。

恋人と一緒に居る・・・。それは安心という心の充実を与えてくれます。
そして、心が満たされ「よし!明日から、また頑張るぞ!」という元気も与えてくれます。

しかし、その反面、会えないときはどうでしょうか・・?不安や寂しい気持ちがわいてきますよね。
また、会える日まで頑張ろうと思う気持ちも、会えない期間が長くなればなるほど、その愛の力も失われ、不安と化してしまいます。
1週間程度ならまだしも、それ以上の期間が空いてしまうと、日に日に不安が膨れあがり、ついには「別れる」といった最悪な状態を招いてしまうこともあります。

この会えない状況が、最も多い恋愛・・・
その1つに『遠距離恋愛』というものがあります。

恋人でも、遠く離れたところで結ばれている男女もたくさんいるということです。
遠距離恋愛なんて、できれば避けたいことですが、仕事の関係上など、どうしても受け止めなきゃいけないカップルも存在します。

恋人が近くにいる場合は、週に何回と、会える回数を数えますが、遠距離恋愛では、月に何回、年に何回という数え方になってしまいます。会える頻度も少なくなれば、とうぜん不安も大きくなり、別れてしまう可能性も高くなってしまうのです・・

今回はそんな遠距離恋愛をしているカップルに向け、不安を打ち破る、愛を貫く鉄則をご紹介しよう。

文書より「声」が大切

メールやLINEなど、マメな連絡のやり取りは大切なことです。
ですが、やっぱり文書よりも『声』のほうが強力!ようは、電話ということになります。

メールやLINEのほうが手軽で簡単ですが、あえて、相手の気持ちが、よりリアルでストレートに届きやすい電話を使ってみましょう。
離れた恋人同士にとって、電話でのコミュニケーションはとっても大切なことなのです。
目を閉じて、相手の声に耳を澄ませば、恋人が隣にいるように、心は癒されると思いますよ。

「素直な気持ち」が大切

大好きな人と離れていることで、心は常に我慢を続けています。
寂しい寂しいと、弱音ばかりを吐いてはダメですが、寂しい気持ちが限界にきたときは、無理に我慢をしないで、素直な気持ちを言葉にして伝えてください。

ツライときはツライと、苦しいときは苦しいと、しっかり気持ちを言葉にして伝えることが大切です。

「アクセサリー」を身につける

指輪やネックレスなど、ペアアクセサリーを身につけることが大切です。
ペアアクセサリーには、今まで楽しかった思い出これから起こるたくさんの思い出が刻まれていきます。
常に身に付けておくことによって、離れていても相手の存在を、より近くに感じることができるのです。

「約束」を思い出す

遠距離恋愛に必要なこと、それは2人の約束です。
逢えない時間、離れている気持ちが続くと、目の前の誘惑に負けてしまいそうな瞬間が訪れます。
離れた恋人より、近くにいる相手のほうがいい・・・。このような想いが湧いてきたら思い出して下さい。
2人で決めた約束を、「将来の約束」であったり、「2人の目標」など、一方的なものではなく2人一緒に決めた約束が重要なのです。
遠距離恋愛をはじめるときは、2人で話し合って約束を決めましょう。

おわりに

遠距離恋愛は、とってもツラく苦しいものですが、お互いを信じる力は2人の絆を強くさせます。
これは遠距離恋愛でしか得られない真の絆なのです。
2人で力を合わせ貫き通し、本当の愛を築きあげてみてくださいね。

 

Photo by tmarsee530


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…