その恋は惰性じゃない? 非モテ女子が長く片思いを続ける4つの理由

片思いを続ける非モテ女子=恋愛苦手女子。純粋で一途な片思いは素敵ですが、なんだかとても長い間片思いを続けている非モテ女子もいます。「そろそろ何か変化があってもいいんじゃないの?」と周囲は思うもの。なのになにも変化がないというときがあります。

いったい、非モテ女子が長く片思いを続けるにはどのような理由があるのでしょうか。
今回は非モテ女子が、長く片思いを続ける理由を4つご紹介します。

【恋学】0205_非モテ女子が片思いを続ける理由_神之

1.「どうせ振られる」という気持ちがあるから先に進めない

非モテ女子は恋愛が苦手な分、思考がネガティブになりがちです。
そのため、今の片思いを次のステップへ進めたくても「どうせ振られる」という思いにかられてしまい、うまく進むことができません。
振られてしまったらそこで恋が終わってしまう……という恐怖心のせいで片思いを続けてしまうのです。

「振られても思い続ければいい」「2回目のアタックでOKをもらえた女性もいる」というアドバイスを送りたいのですが、それでもなかなか次へ進む勇気がでないのが非モテ女子の片思いというもの。
「どうせ振られるなら、少しでも長く思い続けたい……」そんな健気な姿勢がうかがえます。

2.新しい恋は面倒くさいので今の恋を続けていたい

非モテ女子にとって、恋というものは楽しいことでもあり、重労働でもあります。
新しい恋をしたくなったとしても、新しく恋を始めるためには、新しく出会いを繰り返さなければいけません。
それは非モテ女子にとってとても重たく、苦手な行為。

「そこまでするくらいなら、今の片思いを続けていればいい……」「今の男性のことが好きだし不満はない」「恋をしていない状態にはなりたくない」と考えてしまい、新しい恋へ向かっていけないのです。

これでは正直、惰性で片思いをしている状態ですね。
恋愛が苦手なため、どうしても新しい恋へいきにくいのです。

3.彼氏がいないことへの言い訳にしている

もしも誰かから「◯◯さんは彼氏いないね、なんで?」と聞かれたら、「私にはずっと思い続けている人がいるから……」と答えれば体裁を保てます。
そこそこプライドの高い非モテ女子は、自分が恋愛苦手女子ということを隠したがる傾向があるようです。

恋愛が苦手でも恥ずかしいことなんてひとつもありませんが、気になる女性は気になるもの。
そのため「彼氏がいない理由」として「片思いしている相手がいる」という状況を保ってしまうのです。片思い中なら、彼氏がいなくても問題ありません。

彼氏がいないことに対するちょうどいい理由になってしまうため、この状態から変化させるのは難しいのです。

4.恋愛のイベントに堂々と参加できるのが嬉しい

バレンタイン、ホワイトデー、クリスマス……。1年の間に、さまざまな恋のイベントがありますよね。
片思いをしていれば、それらのイベントに参加することが可能です。

たとえばバレンタイン。片思いの男性へチョコレートをあげようかどうしようか悩みますよね。
実際にあげる・あげないに関わらず、こうやって恋愛のイベントに参加しているということに、非モテ女子は充実感を味わっています。

片思いの相手への気持ちが薄れてしまっていたとしても、恋愛のイベントに参加するためには好きな人が必要。
イベントに参加できる現状に満足しているため、今の片思いを進めることも終わらせることもせずに、どんどん長引かせてしまうのです。

恋は行動しないと時間の浪費になる!

非モテ女子に関わらず、恋を進めたり終わらせたりすることはとても労力がいることです。恋愛が苦手な非モテ女子ならなおさらでしょう。
でも、いつかは行動しないといけないのです。行動しないとどんどん時間を浪費してしまいます。

物事を動かすためには最初のひと押しが必要ですが、それさえできればあとは自然に任すだけ。心の準備を整えたら、時間の浪費を防ぐためにも物事を進めていきましょう!

 

Photo by すしぱく

神之 れいの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…