二の足を踏みがちな大人の恋愛を始めやすくする方法

大人になると、恋愛はしたいけどそこに向けてのバイタリティーは高くなく、出会っても直ぐに何か展開がないとモチベーションをキープするのも難しい。そうこう言っている間に年月が過ぎるのは早く、気付けば年単位でシングルな女性も少なくない。

このパターンから抜け出せない人は、「何気に理想が高い問題」をどうにかしないと、恋愛に発展しないか、発展しても継続しづらいですよね?

落ち着いた大人の恋愛をしたいと思っている。でも、なんとなく「いいな」と思っていても、自分から口説くのではなく口説かれたい。理想と掛け離れたところがあると幻滅。理想が高いわけではないけど許せない部分が多い。などなど、知らぬ間にできてしまった恋愛の「癖」が邪魔をする。そんな邪魔を取り除き、落ち着いた大人の恋愛をスタートさせるにはどうしたらいいのか。

そんな、大人の恋愛を始めやすくする方法をお伝えしていきます!

1012

恋愛に対する思考の癖を知る

つい「求め過ぎてしまう」傾向のある、「何気に理想が高い問題」は、大人女子の大きな課題。

大人の女性の恋愛相手は、大人の男性。大人の男性は、仕事が忙しいこともあれば、仕事の付き合いが忙しいこともある。若い恋愛と違って、目に見えた愛情表現が少ない人も多いでしょう。でもそこで、求め過ぎてしまうと自分が辛くなってしまう。

会いたいけど会えない。忙しいだろうから遠慮して会いたいと言わずに我慢。愛情表現が少ない中、我慢が不安に変わる。傷付きたくないので終わらせる方向へ向かう。 これ、男性はこの心情に気付いていない場合が多いです。
こういった、毎回頭を巡ってしまう「恋愛思考の癖」に意識を向け、この流れを変えないといけませんね!

せっかく異性と知り合っても、相手の善し悪しをジャッジしてしまっていると、なかなか恋愛に発展せず、「恋愛力」が低下してきます。ですが、恋愛する気持ち「恋愛力」をキープしていれば、出会いを逃しづらくなります。
「大人だから慎重に」と言いたいところですが、「大人だからフットワーク軽く」は、とても大事。良い悪い以前に「恋心を楽しむ=恋愛力」を、ある程度つねに高めておきましょう。

求める恋愛より楽しむ恋愛

ということで、「恋心を楽しむ」のコツをお伝えします。
ちょっと嫌なところが見えても、「何もなく1人でいるよりは、楽しい!」と思うと、なんだか許せる部分が増えてくる。求めて苦しむよりも、「勝手に楽しむ」恋愛のスタイルに変えると、気持ちがとても楽になって来ます。

妥協上手になる。これは、妥協してダメな男といるということではないです。まず、求めるものを全て兼ね備えた人はいないことを理解しておきましょう。その上で、見返りを求めてしまうことを止めて「勝手に好きを楽しんでるからいいの♪」という気持ちに切り替える意識をしてみて下さい。

「勝手に好きでいる」ということを楽しんでいるだけで、女性は女性ホルモンが活性化し、肌が綺麗になったり、雰囲気が可愛らしくなってきます。心が穏やかになって、自分が幸福感を感じられて来たら、「落ち着いた大人の恋愛」の道のりは近いです!

見返りがなくても、なんだか幸せにしてくれている、そんな口うるさくない女性に、男性は安心感を感じ「穏やかに一緒にいたい」と思い始めます。どうしても何かしてほしいことがあれば、男性はただ「してほしいことがわからないからやっていないだけ」だったりするので、可愛くお願いをしてみましょう。

求め過ぎると自分が苦しいだけ。求めるより「好き」を楽しんでみて下さいね!

アンドウ ミカの他の記事を読む