クリスマス直前! ナチュラルに脳内を盛り上げる『恋したくなる』映画! 映画から学ぶオトコゴコロ★

こんにちは、映画ソムリエ東紗友美です。もうすぐクリスマスですね。
この時期になると街中が恋人万歳なモードになりがちですよね。

昔は必死にこの時期最後の悪あがきで彼氏を作ろうとしておりましたが、無理に恋をする必要はないです。
よく考えるとたった2日のことですから。
でも無理のない範囲で恋愛モードでいるべきですよね!
男性も人恋しくなっているだろうし。

★クリスマス2日間のFacebookに要注意。幸せ自慢で滅入らないために。(笑)

少し話は逸れますが彼アリ女子のクリスマス自慢って、聞いていてイラッとしますよね。
クリスマス直前は「何するの?どこいくの?」直後は「何もらったの?どこいったの?」など。

たいていこの時期の彼アリ女子の不満って、プレゼントが微妙だったとかレストランがいまいち
だったとか、全て幸せな悩みですからね。

彼ナシ女子の皆さま、心の平和を乱さないためにFacebookなどのリア充メディアは、この二日間
触れるべからず!

東の昨年の傾向からですが、この時期、Facebookにおける攻撃力が3割増ししています……。

さて、次から本題です。

★東紗友美の太鼓判!激カワMovie!観るだけで男子が好きなものが分かっちゃう!

今の時期に恋人がいないと普段より敏感な気持ちになりがちです。

しかし、そんなことより自分磨きをしたり、恋愛モードへとナチュラルに脳内変換するなど、
ポジティブな頭の中にしておくことがとにかく大切。

自然と良い感じの『恋したい! おしゃれしたい!』モードになれちゃう一本をご紹介!
(すみません、ようやく映画の話です)

クリスマス直前! ナチュラルに脳内を盛り上げる『恋したくなる』映画! 映画から学ぶオトコゴコロ★

今回紹介するのは、アメリカのコメディ映画「キューティーバニー」。
キューティー・ブロンドの脚本家なので、女性が楽しめる作りになってますよ。

★観ないときっと後悔する!垢抜けない女が劇的にナイスガールになる方法!メイク、ファッション、モテ仕草何もかもこの一本に!!

キューティーバニーとは、雑誌「プレイボーイ」で活躍していた元グラビアモデルの
アンナ・ファリス扮する、超セクシー&おしゃれで可愛いを代表するシェリーが主人公!
そんなイケイケで可愛いシェリーが、ダメダメのイケてない女子大生を変身させるストーリー。

シェリーの可愛さを楽しむだけでもこの作品に意味がある位、魅力的!

★これはまるで「モテるためのハウツー映画」!

ストーリーは単純!言うなれば「ダサい」女子大生たちにシェリーが「モテ仕草」「メイクの方法」
「ファッション」など『男性の気を惹くための方法』をノリノリの音楽とともに指導!!
見事な変身っぷりがたまりません。
5image

↓↓↓↓↓↓↓

image3

画像を比べていただけるとお分かりになるように、この変身前と後の差。

すごいでしょ?気になるでしょ?

どうやってこんな風になれたのか、シェリーがモテる技をダサい女子大生達に教えるシーンが
とにかく参考になるし面白い!
観ていると私も受講生になった気持ちに!笑
これは映画ではなくもはやモテ教科書です!

外見を磨くことで自信がつくのは事実ですよね。
何もしないといつまでもコンプレックスはコンプレックスのまんま。
私の周りの可愛い女の子達はやっぱり努力してるなぁって思います。
外見を磨くと結果的に恋愛にはもちろんのこと、人生に対しても積極的になれたりしますもんね。

シェリー流モテ講座にはこんな台詞がたくさん出てきます(例)
アイメイクの大切さを教えるために『目は顔のチクビだから』と一言。
ファッションを教えるために『大きく出したいのは4ヶ所』
『腕 脚 お腹 胸の谷間』ここを上手に露出しろ!と一言。
『力こぶを褒めろ』の一喝。
純粋に男の気を引くためのシーンがわかりやすい!

★「キューティーバニー」を私が劇的に薦める理由!

外見を磨くことの重要さを説きながらも、決して外見が全てではなく「中身」こそ大切なんだ
というメッセージが!
そんなこんなで女子大生たちを垢抜けさせる主人公のシェリーですが、彼女自身が、
自分のデートでは失敗してしまいます。

そしてその失敗ぶりも可哀想だけど笑ってしまう。
彼の前でセクシーさアピールのため、マリリンモンローの真似をしスカートが舞うシーンを
再現しようとしたら、風ではなく排気口から蒸気が出てきて火傷してしまったり。笑

この映画はどんなに美しくても「見た目で判断しない男」もいるという事を説いてくれます。

キューティーバニーは「モテ・ノウハウ」を学ぶだけじゃなく「外見だけじゃだめ!」って
ところもきちんとストーリーに入っているから素晴らしい。
人間は‘外見や容姿’だけではなく‘心’なのである。

また、女同士の関係には、それ以外にも「嫉妬」や「陰湿さ」があったりするという現実も
終始明るいストーリーの中にもきちんと描かられていて、案外深い!!
個人的にモテノウハウの部分が、見てるだけで笑えるし可愛いし特に素敵なシーンだけど、
全体を通してのストーリーもGOOD!

★この作品には……

ちなみにこちらの映画 男性誌「 PLAYBOY 」 の創刊者 「 ヒュー・ヘフナー 」 が本人役で
登場しているのでそこもチェックしてみてくださいね!

気楽に観れてモテテク満載!!
気付いたら女子力まで上がっちゃうこちらの映画。
ぜひ、鑑賞してみてください!

東紗友美の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…