恋の主導権を握りたい女子が「口癖にしたほうがいい言葉」4選

恋愛の主導権は彼に握ってもらいたいと思っている女子もいるでしょうし、あたしが握りたいと思っている女子もいるかと思います。

今回は、恋の主導権を握りたい女子が「口癖にしたほうがいい言葉」に迫ります。

さっそくご紹介しましょう!

1:朝一発目の「おはよう」メール

「朝一発目のおはようメールを送ると、恋の主導権を握りやすくなります。アレンジパターンとすれば、朝、彼を電話で起こしてあげるとか」(24歳・モデル)

愛するものは、愛するものの時間を制す。これは恋の基本でしょう。

朝、活動の最初の時間を彼女が握っている……これはもう彼の「すべて」を握っているも等しいのではないでしょうか。

2:「ここ気持ちいい?」

「彼の肩を揉んであげるときなどに『ここ気持ちいい?』と聞くと、恋の主導権を握ることができます」(27歳・秘書)

気持ちいいことをしてくれる相手を前に、ひれ伏す人はいても、怒る人はいないですよね。

3:「**してあげる」

「ことあるごとに『**してあげる』と言えばいいです。お弁当作ってあげる、とか、このビールご馳走してあげるとか……」(25歳・ネイリスト)

「**してあげる」と言い続けているうちに、彼が「そんなにしてもらってばかりじゃ申し訳ないよ」と言ってくると思います。

そういうときは、すかさず以下の言葉を言えば、もう完璧だそうです。

4:「ありがとうでいいのよ」

「恐縮しきりの彼を前に『ありがとう、でいいのよ』と言いましょう。すると彼はあたしがしてあげるすべてを受け取らざるをえなくなります。あたしがどんどん主導権を握れるわけです」(同上)

こうやって、男子は、女子の恋の罠にハマってゆくと、こういうことでしょう。

今回のまとめ

いかがでしたか?

4つの証言が出てきました。

こういうのは、少々Mっぽい性格の男子にはバッチリ決まるセリフだろうと思います。

ではSっぽい性格の彼には効果があるのか?

私見ですが、おそらく言い続けているうちに効果が出てくるだろうと思います。男って、どんなにドSな性格をしていても、その本質はMだろうと思います。

なぜなら男はみんな女から産まれ、(期間の差はあれど)女に育ててもらっているからです。

ご紹介した言葉を口癖にしてみると、彼はあなたの前でドMになって、あなたの言うがままに人生を送る、とってもいい子になるかもしれません。


この記事どうだった?

2いいね!

12うーん…