恋愛のお助けアイテム!? 「漬物」の魅力に迫る!

毎月21日は、「漬物の日」です。ご存知でしたか? おそらく、ほとんどの人が「知らん」と答えるでしょう。漬物って、これといって特に意識する食べ物ではないですからね。ですが漬物は、恋愛においてナイスな役割を担ってくれるんですよ。

漬物は美容の強い味方

あなたは日常的に漬物を食べていますか? お弁当や定食の付け合わせとして食べることはあっても、積極的に摂っている人は少ないかと存じます。もったいないです! 漬物は、美容の強い味方なんですよ。

野菜をたくさん食べるって意外と難しい

漬物の原材料は、「野菜」です。野菜をたくさん食べたほうが良いことは、すでにご存知のとおり! とは言え、野菜をたくさん食べるって、けっこう難しいんですよね。特に生野菜! ドレッシングをかければ、まぁなんとか食べられますが、ダイエットの観点からは、ドレッシングを控えたいのが乙女心!

油をつかわない漬物はヘルシー食品

かと言って、野菜炒めのように加熱すると、せっかくのビタミンを壊してしまいます。これでは意味がないですよね。そこでオススメなのが、漬物としての野菜摂取です。野菜炒めのように油を使わないのでヘルシーなうえ、塩で脱水させても、ビタミンはほとんど残っています。水分が抜けると、かさが減ってコンパクトにもなります。

発酵食品に含まれる乳酸菌で便秘解消を

さらに漬物には、乳酸菌も含まれています。意外なイメージかもしれませんが、漬物も、ヨーグルトやチーズと同じ発酵食品ですからね。乳酸菌で、お腹の調子を整え、女性の大敵である便秘とサヨナラしちゃいましょう。2~3日出ていない状態で愛しい男性に抱かれるのは、申し訳ない気分でいっぱいになりますから。

お家デートといえば手料理ですが……

男性との関係性が深まると、お外デートよりもお家デートの機会が増えるでしょう。外食って、どうしてもお金がかかっちゃいますからね。お家デートと手料理は、切っても切れない関係性です。宅配ピザなどケータリングのお世話になるのもアリですが、毎回ケータリングというわけにはいかないでしょう。遅かれ早かれ、手料理を振る舞わねばならぬエックスデーはやってくるのです。

料理が苦手な女性は漬物をフル活用

料理が苦手な女性にとっては、それなりにプレッシャーでしょう。個人的には、大人の女性として、最低限の料理スキルは備えておくべきと思いますが、仕事が忙しいなどの理由で、料理の習慣がないキャリアウーマンだってたくさんいるはず! そういった事情に関しても、物はひと役買ってくれますよ。

スーパーの漬物も凝った器に盛ればノープロブレム

スーパーに行くと、「日本は漬物大国か?」とツッコミを入れたくなるほど、たくさんの漬物が売られています。そう、わざわざ家で漬けなくても良いんですよ。スーパーで買ってきた漬物を、それなりに凝った器に盛りつければ立派なオツマミです。日本の漬物でなくとも、たとえばワインを飲むカップルはピクルスを、韓流ブームの影響でマッコリを嗜むならキムチを、メンマやザーサイには紹興酒が合います。筆者は、ビールに合わせてザワークラウトを食べることが多いです。ご参考までに。

 

漬物は、古くから親しまれてきた「保存食」でもあります。長い期間、腐らずに美味しく頂ける漬物のように、お付き合いの期間が長くなっても、腐ることなく、いつまでも美味しく味わってもらえる女性を目指しましょう。

Photo by YannGar Photo in Lausanne


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…